フォト
無料ブログはココログ

« アプフェルシュトルウデル | トップページ | 正統派「婦人会」 »

さんぱち嬢と行く「歓迎!浜なし直売所」

直売所の案内看板に「歓迎」の文字を見たときに、ああ、ここはすでに観光地なんだ・・・と実感した次第です。

私が住む濱チベット地区の谷本川(鶴見川)流域一帯は、横浜のブランド梨「浜なし」の産地です。桜が終わるといたるところで白い梨の花を楽しむことができます。

浜なしはいつも大家さんのところから頂戴するもの、と相場が決まっておりましたが、今年はさんぱちさんがこの流域まで浜なしを買いに行くので、ご一緒しませんか?というお誘いを頂戴しました。こういうお誘いがないと地元といえどもなかなか行かないものですね。

梨の直売所は10時オープンだということで、地下鉄グリーンライン川和町駅で待ち合わせたのは9時40分。でも何時でも10分前精神のさんぱちさんが登場したのは9時半。

「どうしよう?いくらなんでも早いよね。」と言い合ったものの、オープンするのを待てばいいから、とりあえず行きましょうと歩き始め、かの「歓迎」の看板を目当てに北八朔の直売所にたどり着くと、すでに直売所オープン!おまけにもう品薄!

私がゲットしたのは小ぶりなM玉2kgの詰め合わせ、800円也。Mサイズは私が買ったので終了。さんぱちさんはL玉2kgの詰め合わせ1100円也をご購入。これが高いのか安いのかは全くもってわかりません。すでに浜なしはスーパー等では買えない「幻の梨」なんだそうです。一緒に置いてあった浜ぶどうも美味しそうでしたよ♪私たちが物色している間にも、次々とお客さんが訪れ、次々と売れていく梨たち。10時オープンって言っておいて、多分あの勢いでは10時半にはほぼ完売してしまうのではないかと思います。買いにいらっしゃるのでしたら、とにかく先手必勝!早起きは浜なしの得!

地下鉄グリーンライン「川和町」駅を出たら川を渡って(橋は線路沿いにあります)まっすぐ歩き、「歓迎 浜なし直売所」の看板が見えたら右折、梨畑を横に見ながら歩けばほどなく北八朔直売所にたどり着きます。駅から15分もかからないと思います。

無事、直売所で梨を購入した後は、谷本川横のサイクリングロードをおしゃべりしながら上流に向かって歩き(ま、はっきり言ってかなり歩きます。昨日は日差しがなくて良かった!)田園都市線の高架をくぐった先にある「JA横浜中里支店」の直売所へ。

ええ、今回は「オサレな街、田園都市線沿線めぐり」ではなく「農村買い出しツアー」だったわけです。いつものことながら、JA中里の直売所は大賑わい。隣の肥料や用土置き場の倉庫に設けられた勘定場のレジには長蛇の列。そこで前夜の飲み会で散々飲みまくった元上司と遭遇。さんぱちさんに「地元なんだねぇ~」と感心されてしまいました。(笑)

そのあと、乾いたのどを潤すべく、田園都市線にのって青葉台へ向かいましたが、その話は次回にまわしておいて・・・。

今回購入した梨とお野菜たちはコチラ↓

P1000615


どれもこれも相変わらずおいしかったのですが、梨の上に見えるビニールの中の黄色っぽいものは「オクラの花」です。

今回初めて購入しました。「天麩羅・サラダなどに」と書かれ、是非お試しくださいとのオススメ付。

P1000616

どこまで食べて良いのかわからないので、堅そうな「がく」のところははずし、天麩羅にしてみました。

P1000622_3


天麩羅にすると見た目はなんのこっちゃ?になりますね。(笑)

食べると花びらのところは熱でジャム状になり、確かにこれはオクラだわねぇ・・という粘りがあります。花を食べている・・というよりやはり野菜を食べているんだ、という食感かしら。ほんのりとどこかに苦みがあってそれが良いアクセントです。

多分めったに出ることのない食材なんだと思いますが、もしどこかで目にしたら迷わず買うべし。意外とイケます。

梨&オクラの花のご購入は濱チベット、谷本川流域まで。

熱烈歓迎!ですわよん。

« アプフェルシュトルウデル | トップページ | 正統派「婦人会」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オクラの花~~~♪
食べてみたい!

濱チベットまではちと遠し。。。

横浜のチベットは 希望が丘周辺だと自負してます。
そこら辺は まだ 平らじゃない!   だから・・・モンゴル平原くらいにしてください。

ゴラン高原は瀬谷区が担ってますから!w

戸塚に住む友達も自分の住んでいる場所を「横浜のチベット」と呼んでいました。いつかちゃんと市民で話し合ったほうがいいと思います(笑) 
楽しかったです。おつきあいいただきありがとうございました!今度は冬鳥の時期に行こうかなぁ。

>akikoさん

オクラの花は花オクラといって、普通のオクラの花とはちがうとのことです。
そういえば畑でみるオクラの花よりだいぶ大きいです。

この花オクラは実が小さくてまずいんですって。
だから花を食べちゃうわけ。

多分今が旬なのでどこかでみかけるかもしれませんよ~。

>marutoさん

要は希望ヶ丘も瀬谷も北八朔も、地続きのいわゆる横浜の丘陵地帯ということですわよ。
ま、たしかに急峻な山岳がないから、モンゴルといわれれば・・・。
羊もいるし・・・gawk

>さんぱちさん

お誘いいただきありがとうございました。
思ったより鳥がいなかったのが残念でした。
冬鳥の季節にはちゃんと動員かけときます!!
サギに「歓迎」の看板を首から提げさせときます。

チッ! 出遅れてしまった!

濱チベットは横浜最奥“瀬谷”に付けられた由緒ある名前でございます。
希望ヶ丘は、チベットまでの単なる“道中”でしかありませんでした。
因みに“地下鉄グリーンライン”沿いは、
市民に存在さえ知られぬ“秘境”だったのです。
( ̄ー ̄)ニヤリ

オクラの花は去年日光の宿で頂きました。
花まで糸を引くような粘りがあって・・・オクラでした。(笑


>いその爺様

え~!グリーンライン沿いは秘境で谷本川はアマゾン川だとでも?

まあ、羊は駅からの帰宅途中なんとハクビシンを目撃してますけど・・・。
「暗い夜道は気を付けてね、暗がりには変な動物がいて、かまれるといけないから」と言い聞かせられてますけど・・・。

日光で食されたオクラの花、天麩羅でした?
生の場合、どうやって食べれば良いのでしょうか?
それがちょっと想像がつかないのです。

炊き合わせで頂きましたよ。

http://isonojii.blog28.fc2.com/?no=208

上手く貼れてなかったら、“いその爺 小梅や”で検索してね。

>いその爺様

ありがとうございました。
炊き合わせ、いろいろな野菜の色と合わさって綺麗ですね、きっと。
今日、レッスンに見えた午後のSさんも天麩羅で召し上がったことがあるとのこと。
意外と地場野菜として浸透しているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/41510433

この記事へのトラックバック一覧です: さんぱち嬢と行く「歓迎!浜なし直売所」:

« アプフェルシュトルウデル | トップページ | 正統派「婦人会」 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30