フォト
無料ブログはココログ

« まだリンゴは来ていないけど | トップページ | 梅干しじゃないってば »

Art&Craft寺家回廊2011で出会ってしまった!

寺家ふるさと村は、横浜チベット族の発祥の地・・なわけではないけれど、青葉区ではかなり有名な地区です。

里山の面影をそのままに保存した地域で、今でも蛍が普通に生息し、四季を通じて楽しむことができる貴重な場所です。その環境に惹かれてアーティストさんやらクラフト作家さんやらが住み着いて、いつの間にか芸術家村の様相も呈してきました。

で、Art&Craft寺家回廊はそんなアーティストたちが集まって自分たちのアトリエを公開して展示や販売、ワークショップをおこなうイベントです。

地図をもって里山の雰囲気を味わいつつ、アトリエめぐりをする・・というなかなか素敵なイベントだったわけです。

で、この催しを知ったのは朝日新聞の地域版で見たから。

せっかくなんだからもっといっぱい宣伝すればよいのに、地元民の私ですら初めて知ったのよ!まあ、宣伝ベタのその地味さが味といえば味なんだけどね。

かくいう私も、昼過ぎには仕事(休日出勤!)が終わる羊とランチの約束をしていたので、目的のアトリエしか巡れなかったのが残念でありました。また来年も同じ時期にやるようなら、さんぱちさんをお誘いしてもっとじっくり散策しよう!

ゆっくり回っている時間がないからあらかじめピックアップして行きました。すでにお買いもの目線で選んでマス。

加生智子さんの木の器が展示してあるのは、ご主人の家具の工房「家具工房KASHO」

P1000785

P1000786

こうして写真に撮るとなんだか素敵なところに見えるけれど、実際はすぐ隣は墓地・・というなかなかレアな立地です。一瞬入るのをためらうような建物(ま、家具を作る工房だから、一種の工場だわね)ですが、中に入ると妖精のような可愛らしい女性、智子さんがお出迎えしてくれました。

造園家さんから譲り受けた木を使って様々な器を作っているそうで、その木の表情をとてもよく捉えた作品が並んでいました。・・・って書くといかにもありきたりだなぁ。

つまりしょっぱなから、私はこの工房でグッときちゃったわけですよ!

手に持ったときの意外な重さ、質感!どれもこれも良い~!

ケーキの撮影用の器をここのところずっと探してきて、どうもどれもいまいちで決め手に欠けていたのですが、ここでやっと見つけました。

ウォールナッツのお皿です。

P1000790

なにが良いって、このお皿、私をやる気にさせてくれるんです。この上にアレものせたい、これものせたい、と次々にインスピレーションがわいてくる!そんなお皿にであってしまいました。

そんなわけで帰ってからさっそく作り始めた林檎のパイも、このお皿にのせると映えること、映えること!

Allumette_au_pomme


チョコレートマカロンもなんだか表情が出ます

P1000799

残念ながら来月には町田のさらに緑濃いところへ工房がお引越しになる予定だそうです。ただ、この寺家のイベントには引き続き出展なさるそうなので、来年またお目にかかれるかなぁ。もっとお金を貯めて、注文製作してもらえるよう頑張ろう!

ちなみにもう一箇所巡ったアトリエの、石田恵子さんのダイヤモンド・ポイントにより手彫りガラスの作品も魂を抜かれるような美しさで、これは欲しいものが万単位だったので(小さいものならもっと手の届くお値段でしたが)容易にあきらめがつきました。

でも来年も石田さんのアトリエは要チェックだな!

海側の横浜でやっている美術イベントより相当控えめなイベントですが、環境とマッチした素敵な催しでした、ちなみに会期は今日まで~。

来年はもっと早くお知らせいたしますね。

そうそう、畑では「浜柿」ってネーミングで柿も売ってました。確かにこのあたり柿生にも王禅寺にも近い地域だから柿はいっぱい成るけど…浜柿って?認知されてるの?

« まだリンゴは来ていないけど | トップページ | 梅干しじゃないってば »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

センセー
この方の工房、以前から見たいと思っていた所です。
あのガラスのお皿よりずっとずっとモダンでオシャレです。
これからのケーキの写真が楽しみです。
来年、私も誘ってくださいますか?

>午後のSさん

さすが・・・ご存じでいらっしゃいましたか!
そう、すごく良いのですよ。
智子さん、来月にはママになるそうで、そうすると少し製作のペースは落ちるかな?でも気長にじっくり作ってほしいと思いました。
来年は是非ご一緒しましょ。
リュックに札束つめて買い物三昧なんていかが?

にっきさんこんにちは。

器を見て、料理や上に乗せたいものが次々浮かんでくるってとっても大事ですね。

そしてそう言う器が素晴らしい器であると私も思います。

いい出会いでしたね。

ガラスにダイヤモンドポイントの方は私も出来るんですがねぇ・・・まだ手を出してません。
結構面白いかも知れないんですけどねぇ。

>Benさん

木のお皿は持ち帰るのにも軽くて、樂でした(笑)
これからもいろいろ持ち運べるなぁとちょっと嬉しかったです。

なんだかこのお皿に出会ったことで、この先の方向性まで決まったような気がしています。大げさだけど♪

ガラスにダイヤモンドポイントの作品は植物がテーマで彫られていて、からすうりの花が彫ってあるのがすごく良くて、あぶなく買うところでした。値段よりなにより、置く場所がない・・・悲しい現実です。
Benさん、是非!習得して!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/42409690

この記事へのトラックバック一覧です: Art&Craft寺家回廊2011で出会ってしまった!:

« まだリンゴは来ていないけど | トップページ | 梅干しじゃないってば »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30