フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

かすてら、番外編(終了いたしました)

年間を通して私が焼いている、汗と涙の混じったかすてらとは別に、年2回だけ、かすてら専用窯使用、登戸の先生のお手をおもいっきり煩わせる「贅沢かすてら」の季節がまたやってまいりました!

大きなかすてらを焼いてそれを8斤にカットする関係で、私自身のお使い物、生徒さんからの頼まれもの以外に今回は4斤の余りが出ます。

ご希望の方、こればかりは縁故もヘッタクレもありません。純粋に先着順で承ります。

通常のかすてらをお申込みの方、コレはちょっと別物なので、許してね。

こんどの日曜日に焼くので、お届けは5日月曜日、もしくは6日火曜日になります。

メールにて受け付けますので、よろしくお願いいたします。

おかげさまで完売いたしました。

メールを頂戴いたしました皆様、ありがとうございます。みなさんの分、お受けいたします。個別にお返事するのはちょっとだけ待っててね。

毎度お騒がせいたしました~♪

まあサマのバースデー

マダムのとこの大豆君と同い年の、甥のまあサマも16歳になりました。

頭の中はどうだかわからないけど、とりあえず背はだいぶ伸びてきました。多分、もう抜かされたもようです。

味にうるさく、ムースにこだわる男に育っちまった奴の為に今年は正統派フランス菓子で攻めました。

サン・マルク

111127c

チョコレートムースと生クリームのムースの組み合わせですが、美味しさの肝は上のスポンジに吸わせた卵黄のアパレイユにカラメリゼすることで生まれる玉子焼きみたいな味と、カラメリゼの食感。ムース自体、特に上段の生クリームのムースにはほとんど甘みが感じられない程度の砂糖しか入りませんが、卵黄のアパレイユとカラメリゼに使う砂糖で、しっかりとした甘みがつきます。

111127e


↑このカラメリゼされたところが美味いんだ~♪

そのためには最近取り付けられた煙探知機におびえながら、何度も焼き鏝を当てねばなりません。部屋の中は煙でモウモウ。

さて、当のご本人はわざと不平等に切り分けられたケーキの一番大きなピースをゲットして満足そうに食べた後、KANAKOさんからのバースデープレゼントの小さなレゴ(みたいなブロック)を組み立てておりました。

P1010011

↑ウマです。

まぁ、なんにせよ、元気で気分の良い男の子に成長してるから、良いとしますか・・・。

続・苺のショートケーキ

そんなわけで(←どんなわけだ?)「生クリーム系で苺を使ったケーキでバースデーケーキ」をお願いします、というご注文に、素直に久しぶりに苺のショートケーキを作りました。

わざわざ近隣まで取りにいらしていただける、とのことでしたので、ちょっと豪華にラズベリーもオマケしちゃいました!

本当に素直に苺のショートケーキです。

Berry3

Berry2_6

スポンジは卵黄多め、しっかりとした生地です。

スポンジの間には薄くスライスしたのではなく、二等分した分厚い苺が所狭しと入っています。

やっぱり赤い苺は白いクリームに映えますね。

Berry6_2

良いお誕生日になったでしょうか?

苺のショートケーキ

本日、カタギの仕事がらみで差し入れを頂戴しました。

苺ショートのクリスマスケーキです。

うちも昨日はクリスマスサバランを作って、自分たちで消化できないものは大家さんのところで食べてもらったので、この時期、ギョーカイ関係者はかなり早い時期のメリークリスマスを方々に押し付けている模様です。

午後の遅い時間に、コーヒーを淹れてティータイム。疲れた頭に甘いものは嬉しいので、みんな「わ~い、わ~い」と食べていましたが、私の場合、やっぱりいろいろと口の中でああでもない、こうでもないと考えちゃうわけですよ。損な性分だなぁ・・・。

で、結論から言うと申し訳ないけど不味くは無かったけど、美味しくもなかったデス。

私が生クリームがあんまり好きじゃない、っていうこともあるけれど、それ以前にスポンジが美味しくない、というか存在感がまるでないから全体が単なる生クリームの味しかしなかったからだと思います。で、「不味くはなかった」という評価は、ちゃんとした生クリームを使って極端な甘さにしていなかったから・・・なんだな、と思います。

そういうことを考えながら食べてました。

苺のショートケーキを作るのはあんまり好きではなくて、実は「こんなもん、誰が作ったって、苺の良いのを使えばだいたい同じ味になるからつまんない」と思っていました。

今日、その不味くは無いけど美味しくもないショートケーキを食べながら、ショートケーキをバカにしちゃぁいけないな・・・と思いました。

で、私が作る苺のショートケーキは、(最近食べてないけど)本当のところどうなんだろう?とふと不安になったわけです。

シンプルなものほど、気が抜けない。

改めてそんなふうに思ったコーヒータイムでした。

↓昨年のクリスマスに作った苺のショートケーキです。

10chri2

クリスマスのサバラン

ケーキ写真はベランダで太陽光のもとで撮ることがほとんどで、いかにベランダの柵が映らないかに苦労するのだけれど、それでもその季節ごとに光がちがうので、後から写真を見たときにそのケーキを作った時の気分まで思い出すことができます。

昨日はまたまた季節外れの好天で、本当に暖かだったけれど、写真に写すとやはりこの時期らしい光の弱さでした。

クリスマスのサバラン

111120b


夏のオープンレッスンで取り上げたサバランをこの時期らしく、チョコレート生地にしてシロップはマリエンホーフのザクロのリキュールを使用。

間にはチョコカスタードクリームと生クリームを絞りだし、上からガナッシュをかけるという贅沢さ。型もミニクグロフ型にして4個作れるようにしました。

クリスマスディナー(そんなものは我が家には存在しないけどサ)の後のデザートに大人っぽくて良いでしょう?

そして、今朝、メールの確認をしたらさっそく某午後のSさんから、12月のレッスンは是非これをやりたい!というメールが入っていました。わざわざ試作した甲斐があったわ♪と思っていたら「サバランは夏バージョンでお願いします」との一文が・・・。

ま、苦労というのは大概報われないものよね・・・(笑)。

何でもプレーンなものが一番なので、たしかにサバランもプレーンなものが美味しいかも。

Baba2

HPの更新

拙HP、更新作業をやっと終えました。

夏からず~っと塩漬け状態が続いていたのを放置し続けていたのですが、さすがにいつまでも「夏のオープンレッスン告知」とかどうよ?と自分でも思っていたので重い腰をあげました。

しかし、やり始めるとキリが無いもんですねぇ。

いちおう主にレッスンページのほうに手を入れております。

2011年にレッスンで取り上げたお菓子をアルバムにしてUPしてみたりいたしました。それから12月、1月のレッスン課題もちゃんとUPしておいたので生徒の皆様、ご覧下さい。

それから一門の新年会は来年2月の5日にしようかと思っているのですが、どう?

場所、趣向、ドレスコードなんかはまた後日決めて行こうかと思っているので、とりあえず日にちだけ抑えていてくださいませ。

この一門の新年会に出たいがための入会もアリだと思いますよ~(笑)

今年の新年会のドレスコードは「ウサギ」だったけど、来年は辰年か・・・。

「龍」の刺繍の革ジャンとか・・・・揃いで着て集まったらなんの一門会だかわからなくなりそうで・・イイナ。

ちなみに今回のHPの表紙は季節がら、こんなのにしてみました。

マリエンホーフのヴィオラリケールを使ったムースざます。

Sumire3

キッチン山田のHP http://home.att.ne.jp/yellow/whip-whip/

超私信(りんごのタルト)

バースデーケーキ仕様にいたしました。

りんごのタルト

P1000936


今朝焼きました。

夜間最終便指定で本日着です。

P1000937

サクサクなうちに、今日、一切れは食べてほしい・・・とメッセージにも書いておきました。

これを配送に出したあと、本日はブレーメンでレッスン♪

行ってきま~す♪

出張!パイ職人

清く正しい文化の日、その日は朝からりんごを煮て、待ち合わせの時間に合わせてパイ生地を成形して、アップルパイを焼いておりました。

濱のスイーツ男子はわざわざ横浜辺境の地、川和町まで受け取りに来てくださる、というのにそのパイはご自分の口には入らない・・・とのこと。

アタシだったら焼き立てのアップルパイの匂いを嗅がされて、それが自分のクチに入らず右から左へ行ってしまうとわかっていたら、匂いを嗅いだ瞬間に魔がさしてアップルパイを持って逃亡するかもしれない・・・・。と、そんなことがないように生地を少し多めに仕込んで、りんごも半個分プラスして煮ておきました。

おまけのアップルパイ

P1000907

パイ皿ではないので形はいびつですが、りんごもパンパンに入ってアツアツです。

これがあれば、焼きたてのパイの香りを嗅いでも魔がさすことはあるまいかと・・・(笑)。

無事に川和町駅でアップルパイとおまけのミニアップルパイをお渡しし、「やっだ~ヌシさんたら、ヌシさんだったわよ~!」という意味不明のメールをマダムに送信し、そしてその足で鶴見の姉宅へ向かいました。

抱えた袋の中には煮たりんごと仕込んで冷凍しておいたパイ生地と、パイ皿、パイカッターやスケッパーなどなど。ええ、出張パイ職人であります。

姉宅で母も合流し、その日はみんなでりんご祭りをいたしました。

私だってね、焼き立てのアップルパイを1年に1回くらいは自分で食べたいのよ~。

オーブンから出たてのアップルパイはぷっくりと膨れております!

P1000912

あいにく、姪のKANAKOさんは模試で不在だったのですが、甥っ子のまあサマは塾へ行く時間をずらして待ち構えておりました。

さらに、この日はりんご祭りということで、タルト・タタンも作ってもって行っていたんです。

P1000914_2

ハーゲンダッツのバニラアイスクリーム添え、というのを実は初めてやりました。カラメルの苦さと実にマッチするんですねぇ・・。でも禁断の食べ物だわ、コレ!

今年は紅玉りんごを2段箱一つでは足りず、一段箱を後から追加で木村農園さんにお願いしました。で、このアップルパイで味をしめた母と姉から、紅玉リンゴを自分たちもほしいと頼まれ、さらにひと箱追加です。

来年はさらにりんごの注文数が増えそうな予感・・・。

ヌシさん、来年は辺境の地でよければ、りんご祭りやりましょうか?

きのこ狩り

落ち葉を踏みしめて森に分け入る。

晩秋といっても良い季節になったのに、汗ばむような気温はなんなんでしょうね。でも葉を落とした木の枝の間に見える空は、やっぱり秋の空。

Kinoko3


倒れた木の脇や切り株の横にもキノコが生えています。

Kinoko2


Kinoko1


近郊ですが、今日は早起きしてキノコ狩りに行ってきました。

収穫はこんなに!!

P1000916

・・・・・・・・・・・・って、嘘で~す♪。

上の3枚の写真は先月行った箱根の写真です(笑)

たっぷりのキノコはさっき羊と出かけた徳江農園で買ったもの。

でもすごいでしょ?いろいろな種類のキノコを合わせて袋に詰めて自分で目方をはかり、自己申告すると、たいてい徳江農園の奥さんがオマケを入れてくれます(笑)

今日はこの大量のキノコ(600gほど)と銀杏一袋で990円でした♪

羊のリクエストで今夜はこのキノコと牡蠣を入れたお鍋にします。

静岡のお酒を飲みたい~という羊が「 駿州 中屋 」(富士高砂酒造)というのを選びました。どんなお味なんでしょうか?

今夜が楽しみです♪


« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30