フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

山さんとカフェ・ハンズのマスターのコラボ

そのお話をいただいたとき、めずらしく山さんが乗り気だったので、タコ社長にしてはサクサク話を進めることができました。

なんであの働く気のない偏屈な山さんが乗り気になったかといえば、もちろんカフェ・ハンズのマスターに全幅の信頼をおいているからに違いないのですが、それプラス「桜の頃に」という一言が効いたような気がします。

桜の頃にコーヒーと一緒にお出しするスイーツ、っていうところに山さんは山さんなりの「美」を見出したのかもしれませんね。

そんなわけで根岸の名店、カフェ・ハンズに、期間限定(曜日指定、個数指定!)で、山さんのケーキが供せられることになりました。

まず第一弾は3月24日(土)、25日(日)

カフェ・エタージェントルテというウィーン菓子を、桜の季節に合わせてアレンジしたケーキをお出しします。

「夜桜」と銘をうってみました。

Yozakura3


Yozakura4


単なるムース&ゼリーに見えてしまうかもしれませんが、山さんの菓子です。
ひとひねりもふたひねりも効いてます。

風味豊かなアーモンドスポンジの上に白ワインとラム酒を利かせたムースを流し、夜の闇を溶かしたようなゼリーは、コーヒー&シナモンとマリエンホーフリキュールのレモングラス・ショコラーデリケールを使った不思議な奥行きのある味わいです。

後半に出す「花衣・桜衣」のほうが、春らしくて目をひきますが、コーヒーとの相性がより良いのはこの「夜桜」なのではないかと思っております。

お近くで、且つお時間のあるかたは、24、25日、根岸のカフェ・ハンズにちょっと足を延ばしていただけると、山さんの菓子が食べられます。

なにしろ、個数限定で、売り切れ御免のコラボイベントなので、ケーキ目当てで行かれる場合は、まだ残っているか、ちょっと確認してからおでかけになったほうが良いかも♪

ちなみにハンズさんでは「ケーキの予約アリ」なんだそうです。

興味がありましたら、是非どうぞ♪

3月のレッスン日変更のお知らせ

3月はいろいろと仕事が重なって、間際になって大変申し訳ないのですが、レッスン日に一部変更が出ました。

3月23日(金)のレッスン日に関しては、午前のみとさせていただき、午後はすべて休講に。そのかわりに3月9日(金)に追加レッスンをいたします。

23日の午前にすでにご予約をいただいているレッスン生の方はそのままレッスンいたしますのでご安心ください。

それから、3月、すでにケーキのご注文をいただいていらっしゃる方はもちろんOKなのですが、そのほかのご注文に関してはちょっと厳しい・・というのが現状です。

もし3月にご注文を考えていらした方は、お早めにご相談ください。(それでも難しいかもしれないのでその点はご了承くださいませ。)

3月はかすてら名人戦もあったりで、すでに私の予定は80%程度埋まってしまっております。作り手が一人しかおらず、且つ、兼業という点でギウギウです。

すんません。

レッスンはちゃんとやるから、みんなもがんばって来てね。

ASUKAちゃんご生誕祝い

お誕生日が一緒だったのは金正日?それとも森鴎外だったけ?

とりあえず、なんとなく偉大な感じのする日が、うちの最年少レッスン生ASUKAちゃんの誕生日(MARIKAちゃんは12月生まれなのでちょっとお姉さんだわね。)

誕生日ケーキはリクエストによって「トルテ・マリアテレジア」になりました。

今月のレッスンで挑戦していただいている、あのケーキを私も作ることになりました。

花も恥じらう15歳のお誕生日ケーキです。

2012asuka5


うっすらと線描きされているのがわかります?

2012asuka3

ガナッシュを表面に細く絞り出して線描きしています。

2012asuka4_3

お祝いのメッセージに「素敵なレディになって」と書いたら、本人からメールが届きました。

「しとやかなレディにはなれそうにありません。」だって(笑)

しとやかに、だなんてアタシは一言も言ってないぞ~。

一本線が通っていて、顔で笑って心で泣いて~♪心が錦ならそれでよし。(←浪花節が似合うレディか?)

「自分を甘やかさない」、「自分を大切にする」この両輪のバランスをうまく保つことができる、そんな素敵なレディを目指してほしいな、とセンセイは思ってます。

にゃんかっぷ&カフェ・スター

ひとさまからどのような人間に思われているかは、とんとわからないのですが、学生時代に閣下から、「あまりに冷静!」と言われたことがあります。

「バランスが良すぎる!」とも・・・。

まぁ、常に活火山のような閣下から見ればそういうこともありましょう。
でも、単に私も休火山なだけでして、たまにやらかします。

いわば「ちゃぶ台ひっくり返したるぅ!」騒動。

はい、先日もカタギの仕事場でちゃぶ台ひっくり返しました。
ま、経緯はいろいろあるのですが、このままだと完全に好いように扱われるかも!という警報が自分の中で鳴り響くと、「とりあえず、ちゃぶ台ひっくり返したろ。で、そのあといろいろ考えればイイヤ」、というどこか確かに確信犯的な冷静さを残しつつ、ちゃぶ台ひっくり返しました。

ただ、年を取りますとですねぇ、「負ける喧嘩は絶対しない」という鉄則と、「形勢が有利なうちにサッと自分から頭を下げて撤退。」という処世術は身につけとります。

まぁ、そんなわけでその処世術に従う為に、冷静というか弱気なタコ社長の自分が一生懸命、頑固な山さんやら一度火がついたらなかなか収まらないわがままな山田営業本部長という自分を、どうにか説得するわけですね。

タコ社長、いつも苦労しとります。

そんな日に、タコ社長、山さんと山田営業本部長を引き連れて、今週末で閉店が決まっているちーさんのお店、カフェ☆スターに行ってまいりました。

虎屋の椿餅をちーさんの分と二つ買ってぶら下げて。

小さなお店は居心地が良く、ちーさんの作ってくれた油揚げと根菜のカレーも美味しく、他のお客様がトイレに行っている間に二人でこっそり食べた椿餅も美味しくて、お店を出る頃にはすっかり気分が良くなっておりました。

お腹だけでなく心も満たしてくれるお店だなぁ、と心底思います。ここはいわば私の(多分その他の多くの人の)心のシェルターなんじゃなかろうかと。

カフェ☆スターを閉店したあと、あらたに春にオープンするカフェ4FUKUもきっと、そんなお店になってくれると思います。しばし(本当に短い期間だけど)ちーさんには充電してもらいたいなぁと、思ってます。明日がカフェ☆スターの最終日。きっとメチャ混みだろうなぁ。

さて、☆に寄ったことでかなり収まってきた私の中の火山をさらに沈静させるために、羊と鍋を囲みます。

その日のおともに「にゃんかっぷ」

P1010384


猛り立っていた猫も・・・

P1010386


これが飲めるんなら良いにゃぁ~。お鍋の準備しよう♪と素直になります。

かくして、私のちゃぶ台ひっくり返し事件は、昨日無事終了し、双方誤解のあった上司(上司相手にちゃぶ台ひっくり返すなよぉ~!)とは昨日めでたく手打ちと相成りました。

上司もタコ社長も、こんなことばっかりで、ともに頭が薄くなりそうです。

え~っと、そういう時、羊は「そうだ、のりちゃん、やっちゃえ、やっちゃえ!」とけしかけます。まるでその姿は、ガキ大将の後ろに隠れてヤジるだけのお子様デス。

バレンタインデーなわけよ!

耳をふさぎたい、目をつぶりたい、そんな男性諸氏もおられるでしょうが、事実は曲げられないのよ。

今日は全国的にバレンタインデーなわけよ!

デパートの菓子売り場では女子たちが、かわゆらしいチョコから本格的なチョコまで吟味に吟味を重ねて「彼」「夫」「上司」「同僚」「家族」用に微妙な差をつけながら購入しております。

ちなみに代官山のカタギの職場では、私の案が今年は通って、女性たちから男性陣に志田泉の「にゃんかっぷ」を共同購入。

一部、日本酒がダメな人がいるので彼には「にゃんかっぷ梅酒」にいたしました。

巷では「自分チョコ」なるものがあるそうですが、私らも当然、「自分にゃんかっぷ」も購入済み。今日、職場へ行くと全員の机の上にカップ酒が並んでいるという、まさかの職場風景のはず。(ちなみに男性は一人1カップのみですが、女子は複数買しているので、机の上にカップ酒の林ができているはず。にゃはは♪)

ええ、そういう野蛮な女子とはうらはらにちゃんと夫の為にバレンタインケーキを作りにいらっしゃる、正統派の素敵な方もいらっしゃるわけでして、昨日はブレーメンでバレンタインレッスンでした。これをもらえる旦那様は日頃やはり相当な善行を積まれていらっしゃるのでしょう。因果応報(良いバージョン)ですね。

Yさんが作られたトルテ・マリア・テレジアはスクエアー型です。

120213d


上から見るとこんな感じ。四隅のハートが可愛いでしょ?

120213e


Yさんのお嬢さんのMAIちゃんは新婚さんなので、熱も入ります。

21㎝の円形でバラも豪華に飾りました。

120213b


ケーキ自体は小麦粉が一切入らない繊細なスポンジに苦みの勝ったカラメルムースという組み合わせで大人の味です。

マジパンのバラ作りも体験していただき、みんなで黙々とバラ作りに励みました。

この出来栄えなら、maiちゃんのご主人も満足していただけたでしょうね。

さ、みなさんはどんなバレンタインデーをむかえられるのかな?

健闘を祈ります。

グッドラック!!(羊にはすこっちだけ良いスコッチをプレゼントの予定♪)

一年の計は元旦にあり、そして大遅刻

立春を過ぎ、新たな春に突入した先日の日曜日、うちの教室の新年会が開催されました。場所は今年も根岸の珈琲専門店、カフェ・ハンズさんにお世話になりました。

一年の計は元旦にあり、といってお正月はとっても大事な日。で、教室の新年会といったら、教室にとっては元旦みたいなもんであります。

ここで、びしっと今季の教室の方針を発表してですねぇ、それぞれ参加者の目標を伺い・・・なんて前日までは思っていたわけですよ、ホントに!

それが・・・・。午後2時からの開催、ということで午前中に登戸の先生のところでかすてらを焼く予定を入れておりまして・・・・ちゃんと12時にはかすてらは焼き上がったわけですが。

かすてらは焼き上がりすぐに箱に入れるわけにはまいりません。少し冷まして・・・っとしている間に登戸の先生がなぜか泡がふんわり盛り上がる黄金色の液体をグラスに注いでいらして・・・忘年会が始まっちゃった!(登戸の教室の新年会は1月初旬に終わり、それ以降はすべて2012年の忘年会になるんです!)

さすがに、酒臭い息で新年会に行くわけにも行かないので、適当にお茶を濁して(酒だろ、酒!)先生のお話を伺いつつ、かすてらが冷めたころ合いを見計らって、カットして箱詰めして梱包作業をしていたのですが、そろそろお暇乞いをする頃になって、先生との会話が今後の教室の話になって・・・・(曰く、日本中のケーキ教室が全部電動泡だて器を使って、簡単で見た目ばかりが良いケーキを手軽に作る・・・ことに主眼をおくようになったらという近未来)そこからもう一人の生徒さんと一緒に熱い話になっちゃったわけですよ。

ふと・・・時計を見ると・・・・汗。

大遅刻だぁ~!!!!!!というのが間違いない時間帯!登戸の駅まで大荷物を抱えて猛ダッシュして南武線の中でどのルートで根岸まで行くのが一番早いか検索し、その一方で教室の重鎮午後のSさんマダムに「大遅刻!」「皆さんがいらしたら始めていて!」とのメールを打ち、そのお返事に血も凍るような「今、どこですか?走って来なさい!」というメールを矢継ぎ早にいただき、泣きながら、根岸駅からタクシーを飛ばしカフェ・ハンズにたどり着いたというテイタラク。

ああん、本当に申し訳ないことでありました。

ええ、一年の計は元旦にアリでありまして、今年もきっと一年教室では皆様に頭があがらないワタクシになること確実です。謙虚に行こう!謙虚に!

今年ケーキ当番だったASUKAちゃんのバレンタインミニハートのチョコレートケーキ。

P1010348

右下は午後のSさんの「サクリスタン・サレ」というチーズの風味のサクサクのパイ菓子です。ASUKAちゃんのチョコレートケーキは特訓の甲斐があって、綺麗に美味しく焼きあがってました。レッスン生の綺麗な年上の(ずっと年上だけど!)お姉さま方にも褒められ、良い経験になったのではないでしょうか?ラズベリーソースもちゃんと作って来てくれたのよね。(なのにこの写真で、ごめんよ~。これも遅刻のせいだわよね。ごめん、)

もう一人、ケーキをお願いしていたYさん(真正田園都市マダム)は、ブルーベリーのタルトを作ってきてくださいました。

P1010347_2

これ、昨年のレッスンで取り上げた課題だったのですが、フィリングにチーズを使っていて、その酸味が本当にブルーベリーに合うんです。

で、タルト生地の固さもちょうどよく、Yさん、上手に作ってきてくださいました。ああ、作り慣れていらっしゃる味だな、と納得の美味しさです。

そして特筆すべきは今回、ハンズさんにお願いしていた軽食のハンズママ特製ケーク・サレ!

P1010349_2

左がパプリカのケーク・サレ、右がキャベツとベーコン、粒マスタードのケーク・サレ。これが大絶賛のお味でした。これを先に食べていてくれたから、みなさんのお怒りも溶けていたのであろうかと。感謝してます~。おいしゅうございました!

で、今回私はなにを作っていったかというと、1週間前に登戸の先生のところで作っておいた「ヌス・トルテ」

P1010322

カットすると中にカラメル掛けした木の実がいっぱい、ぎっしり♪

P1010351_3


生菓子は桜の時期にハンズさんでお出しするかもしれないケーキを試作して持ち込みました。

カフェ・エタージェン・トルテ (夜桜)

Yozakura3


桜が闇夜から浮かび上がってくる様子に見えましたかどうか?

そして、あとはご自宅でお留守番されているご家族の為にちょこっとしたお菓子を焼いてもっていきました。(こんだけじゃ足りない!と言われたんじゃないかという気がしてます。)

Mandelkuchen


↑のマンデルクーヘンと↓の苺の焼き菓子

P1010327

これを組み合わせたちっちゃい一袋でした。もうちょっと作れば良かった・・・(反省)

ま、そんなわけで私は大汗かいてお詫びしてのスタートでしたが、昨年生まれたばかりの、のぶ君を連れてきてくれた産休中のKさんのお顔も拝見できて、みんなでのぶ君の笑顔を堪能して、ASUKAちゃんもすっかり大人女子に囲まれつつも女子トークに参戦し、みんな笑いに笑った楽しい会になりました。

登戸の先生が危惧していた「日本中のケーキ教室が電動泡だて器をつかった簡単で見た目の良い手軽なお菓子を作る近未来」が来たとしても、私のところは相変わらずガシガシと泡だて器を振り回し、地味な菓子を作り続けるコアなケーキ教室であり続けたいと、改めて思った次第です。

今年も一年がんばんべ~!

2012年、焼き菓子倶楽部スタートです!

昨年はアマゾンの奥地に山田営業本部長が長期出張していたので、まったくと言ってよいほど利益が出なかったキッチン山田です。

新年早々オーブンの買い替えがあったりで、さすがのタコ社長も心を入れ替えた模様です。

そんなわけで山田営業本部長からのメルマガNO.1が焼き菓子倶楽部会員のところに送られたり、遅ればせながら2012年の活動が始まりました。

2012年の焼き菓子倶楽部は年4回やるそうです(←って、山田営業本部長が言ってた。山さんは聞いてない!って言ってた。)

第1回は冬の回、ということで先般からブログにちょろちょろ出しているチーズケーキです。

ケーゼマッセントルテ(15㎝)

Kase_massen_torte1

Kase_massen_torte4_3

ミュルプタイクという甘いタルト生地にクリームチーズベースのクリームを流し、半焼きした後にカスタードベースの軽い生地を流して焼き上げます。

レーズンがアクセント程度に入ります。
濃厚なチーズケーキというより、柔らかな味わいのチーズケーキです。

サイズ・・・ 直径15㎝

価格・・・ 2,000円

お届け日・・・(前半)2月11日(土)or12日(日)
        (後半)2月18日(土)or19日(日)

お申込み締切 2月5日(日)まで

すでに焼き菓子倶楽部会員の方にはご連絡済なので、先行ご予約が入っています。
作れる数に限りがありますので、お早目に挙手していただけると助かります。

その際は

① ご希望日(第二希望まで書いてください)

② お届け時間帯に希望があればそれも

③ ご住所、お名前、かまわなければお電話番号まで

④ 食玩小説の希望の有無(←コレ大事なとこ!)

以上4点を書いてメールにてお申込みください。

メールアドレスはうちのHPの連絡先に載ってますので、よろしく~。

それから、焼き菓子倶楽部入会申し込み希望の場合はそれもご明記ください。

 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30