フォト
無料ブログはココログ

« 2012年、焼き菓子倶楽部スタートです! | トップページ | バレンタインデーなわけよ! »

一年の計は元旦にあり、そして大遅刻

立春を過ぎ、新たな春に突入した先日の日曜日、うちの教室の新年会が開催されました。場所は今年も根岸の珈琲専門店、カフェ・ハンズさんにお世話になりました。

一年の計は元旦にあり、といってお正月はとっても大事な日。で、教室の新年会といったら、教室にとっては元旦みたいなもんであります。

ここで、びしっと今季の教室の方針を発表してですねぇ、それぞれ参加者の目標を伺い・・・なんて前日までは思っていたわけですよ、ホントに!

それが・・・・。午後2時からの開催、ということで午前中に登戸の先生のところでかすてらを焼く予定を入れておりまして・・・・ちゃんと12時にはかすてらは焼き上がったわけですが。

かすてらは焼き上がりすぐに箱に入れるわけにはまいりません。少し冷まして・・・っとしている間に登戸の先生がなぜか泡がふんわり盛り上がる黄金色の液体をグラスに注いでいらして・・・忘年会が始まっちゃった!(登戸の教室の新年会は1月初旬に終わり、それ以降はすべて2012年の忘年会になるんです!)

さすがに、酒臭い息で新年会に行くわけにも行かないので、適当にお茶を濁して(酒だろ、酒!)先生のお話を伺いつつ、かすてらが冷めたころ合いを見計らって、カットして箱詰めして梱包作業をしていたのですが、そろそろお暇乞いをする頃になって、先生との会話が今後の教室の話になって・・・・(曰く、日本中のケーキ教室が全部電動泡だて器を使って、簡単で見た目ばかりが良いケーキを手軽に作る・・・ことに主眼をおくようになったらという近未来)そこからもう一人の生徒さんと一緒に熱い話になっちゃったわけですよ。

ふと・・・時計を見ると・・・・汗。

大遅刻だぁ~!!!!!!というのが間違いない時間帯!登戸の駅まで大荷物を抱えて猛ダッシュして南武線の中でどのルートで根岸まで行くのが一番早いか検索し、その一方で教室の重鎮午後のSさんマダムに「大遅刻!」「皆さんがいらしたら始めていて!」とのメールを打ち、そのお返事に血も凍るような「今、どこですか?走って来なさい!」というメールを矢継ぎ早にいただき、泣きながら、根岸駅からタクシーを飛ばしカフェ・ハンズにたどり着いたというテイタラク。

ああん、本当に申し訳ないことでありました。

ええ、一年の計は元旦にアリでありまして、今年もきっと一年教室では皆様に頭があがらないワタクシになること確実です。謙虚に行こう!謙虚に!

今年ケーキ当番だったASUKAちゃんのバレンタインミニハートのチョコレートケーキ。

P1010348

右下は午後のSさんの「サクリスタン・サレ」というチーズの風味のサクサクのパイ菓子です。ASUKAちゃんのチョコレートケーキは特訓の甲斐があって、綺麗に美味しく焼きあがってました。レッスン生の綺麗な年上の(ずっと年上だけど!)お姉さま方にも褒められ、良い経験になったのではないでしょうか?ラズベリーソースもちゃんと作って来てくれたのよね。(なのにこの写真で、ごめんよ~。これも遅刻のせいだわよね。ごめん、)

もう一人、ケーキをお願いしていたYさん(真正田園都市マダム)は、ブルーベリーのタルトを作ってきてくださいました。

P1010347_2

これ、昨年のレッスンで取り上げた課題だったのですが、フィリングにチーズを使っていて、その酸味が本当にブルーベリーに合うんです。

で、タルト生地の固さもちょうどよく、Yさん、上手に作ってきてくださいました。ああ、作り慣れていらっしゃる味だな、と納得の美味しさです。

そして特筆すべきは今回、ハンズさんにお願いしていた軽食のハンズママ特製ケーク・サレ!

P1010349_2

左がパプリカのケーク・サレ、右がキャベツとベーコン、粒マスタードのケーク・サレ。これが大絶賛のお味でした。これを先に食べていてくれたから、みなさんのお怒りも溶けていたのであろうかと。感謝してます~。おいしゅうございました!

で、今回私はなにを作っていったかというと、1週間前に登戸の先生のところで作っておいた「ヌス・トルテ」

P1010322

カットすると中にカラメル掛けした木の実がいっぱい、ぎっしり♪

P1010351_3


生菓子は桜の時期にハンズさんでお出しするかもしれないケーキを試作して持ち込みました。

カフェ・エタージェン・トルテ (夜桜)

Yozakura3


桜が闇夜から浮かび上がってくる様子に見えましたかどうか?

そして、あとはご自宅でお留守番されているご家族の為にちょこっとしたお菓子を焼いてもっていきました。(こんだけじゃ足りない!と言われたんじゃないかという気がしてます。)

Mandelkuchen


↑のマンデルクーヘンと↓の苺の焼き菓子

P1010327

これを組み合わせたちっちゃい一袋でした。もうちょっと作れば良かった・・・(反省)

ま、そんなわけで私は大汗かいてお詫びしてのスタートでしたが、昨年生まれたばかりの、のぶ君を連れてきてくれた産休中のKさんのお顔も拝見できて、みんなでのぶ君の笑顔を堪能して、ASUKAちゃんもすっかり大人女子に囲まれつつも女子トークに参戦し、みんな笑いに笑った楽しい会になりました。

登戸の先生が危惧していた「日本中のケーキ教室が電動泡だて器をつかった簡単で見た目の良い手軽なお菓子を作る近未来」が来たとしても、私のところは相変わらずガシガシと泡だて器を振り回し、地味な菓子を作り続けるコアなケーキ教室であり続けたいと、改めて思った次第です。

今年も一年がんばんべ~!

« 2012年、焼き菓子倶楽部スタートです! | トップページ | バレンタインデーなわけよ! »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

俺は・・・燻製担当で・・・w

ヌス・トルテ!
これもワインに合うだろうなぁ。。。
でも今はなんだか牛乳片手に食べたい気分!!
あれ?どうしたんだろう私。
ワインより牛乳だなんて!?

>午前中に登戸の先生のところでかすてらを焼く予定を入れておりまして

これ、もしかして、いやもしかしなくても私の依頼分、ですよねぇ…。忙しい時にお願いしちゃってごめんなさいです~。

それにしても美味しそうなお菓子ばかりで~。その場にいたら、確実に太りますなぁ~。

>marutoさん

この場のマシンガン女子トークは燻製の煙に燻されるより強烈だと思うんだけど・・・。
耐えられるかな?

>akikoさん

どうした!!牛乳?

これはお茶の時間に食べると申告したので、登戸の先生はカラメルの煮詰めを若めに仕上げて調整してくれました。お酒の時はもっとほろ苦く作ります。

で、苦めに仕上げたものは、ウィスキーのアテになると、アタシは思うんだけどね♪

>teruさん

ううん、この会が開催されたのは2月の5日ざます。
ということで、ちがう方のおうちへ行ったかすてらです。
3月にまた名人戦があるから、ご注文があろうがなかろうが、せっせと通って焼いてます♪
人数が今年はすくなかった、ということもあり、
今年はこれでもたいそう抑えたほうです。

だんだん、作り手をレッスン生のみなさんのほうにシフトしていっているので
私は楽になりつつあります。

ちょっとしたハプニングは宴の良きスパイスになるのですね。
素敵なスイーツを囲んでの素敵なひと時。
そんな至福なひと時をウチのお客様にも過ごしてもらえれば、と思っています。
せんせい、頼りにしています!
お力添えの程お願いいたしま~すhappy01heart04

楽しい新年会をありがとうございました。
先生、皆様、そしてカフェハンズさんのおかげで
久しぶりに楽しく、沢山笑ったひと時を過ごすことが出来ました。
春からは何とかレッスンに伺えるよう
ワタクシも目下鋭意努力しております。
見捨てないでいて下さいませね~。

遅れて、ビビッていらした先生。
かわゆかったですよ。
しかし黄金色の液体を!?
お飲みになってからいらしたのですかっ!?
あんな刃渡りの刃物持って!?
職質されなくて本当に良かったです…。

>ハンズママさん

その節は大変お世話になりました。
他のお店だったら、あの状況、もっと冷汗たらたらだったかと思います。
ハンズさんなので、実は安心してました。
ケーク・サレ絶品でした。
またランチでお出しになることもあると思うので、
お近くの方は幸せもんだなぁとうらやましく思っています。

近々また例の件でうかがわせていただきますね。
マスターにもよろしくお伝えください。

>りー様

いやはや、大変なご迷惑をおかけしてスイマセン。
そうなの、あの刃渡り50センチの包丁を抱えて、目を血走らせて
電車に乗っていたのだから、職務質問されたらアウトだったよ~。

でもかすてら切る包丁ではなんの殺傷能力もないんだけどね。
試してみてあげれば良いのかなぁ(?)
→まず警察署に連れてかれるでしょうね・・・。

レッスン再開お待ちしております。
(座頭市スタイルの矯正からスタートか?)
春もなかなか良いのを取り上げるのでお楽しみに♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/44028487

この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計は元旦にあり、そして大遅刻:

« 2012年、焼き菓子倶楽部スタートです! | トップページ | バレンタインデーなわけよ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30