フォト
無料ブログはココログ

« 良い子のおうちへ届けたのは | トップページ | かぼちゃ祭り »

約束

友人の画伯が作るものすごく繊細なレースとビーズで出来たネックレスが、あまりに素晴らしいので、それをネット上のショップに出そうという計画が持ち上がった。

私の下手な写真では繊細なアクセサリーの置き画像なんかは無理なので、ブレーメンでの盟友MIWAさんにお願いするとして、昨日は実際の装着したときのイメージ写真を撮ることになった。

なんといっても若い子は肌がちがうね!ということで姪のKANAKOさんに首モデルを依頼。あいにくの荒天で暗くて良い写真が撮れなかったことが残念なんだけど、まぁ、イメージだしね・・・。ということで勘弁してもらうことにした。

作品は実際つけてみると、とても映える。びっくりするくらい輝きだすのだ。

魔法がかけられたように、手に取ってみているより肌につけたときのほうが美しいというのはなんだか不思議。

材料はレース糸(といってもフランス産なので、色がちょっと違う。おしゃれだ!)とビーズなので宝石や貴石を使ったアクセサリーより原価は低いと思うのだけれど、この色彩センスや作りの上質さは群を抜いていると思う。

「本当のところ、こんな凝ったものを長時間かけて作っているよりコンビニでバイトしろよっていう感じなんです~。」と画伯は苦笑するけれど、確かにこのアクセサリーを売って得られる利益というのは、コンビニでバイトするより苦労が多く、さらに報酬としては少ないかもしれない。(だから高く売らなきゃな、とは思うけれど、一方で市場原理というのを無視するわけにはいかないし。)

「人はパンのみにて生きるにあらず」

これって聖書の言葉だっけ?いろいろ解釈はあろうけど(うん、パンだけでなくってお肉もたべなきゃ、野菜だってはずせない・・・とかいう解釈ではなくね。)、ふと頭に浮かびました。

確かにコンビニでバイトをすればお金は手に入るし、それだって尊い労働だと思うけれど、私が画伯に伝えるとしたら「この素敵なアクセサリーを売ることで得られるのはお金だけではないから、イイヨ。」ということ。

「お金」が介在するとしても、見知らぬ誰かから作品を依頼される・・・ということはそこに「約束」が生まれるということで、そりゃぁ、商売だったら「契約」かもしれないけれど、こうしたオリジナルの作品は買う側と作り手との間に密な関係が生まれるので、それは契約というより「約束」というものに近い気がしている。

誰かとかわした「約束」は、案外生きていくうえで「力」になる。

思い悩んだ日があったとしても「約束」は果たさなければならない。小さな「約束」が散りばめられた日々は前へ進む力になることもあると思う。

自分なりのペースで良いので、その小さな約束を自分で勝ち取っていく、そんな仕事になるように、お手伝いする友人ならびに私の依頼で巻き込まれたmiwaさんが、せっせと動いて画伯を後押ししようと思ってマス。

サイトにUPする日がきたら、ここでも大々的に(ここで、大々的に・・は無理か)宣伝しますので、そこんとこよろしく!

« 良い子のおうちへ届けたのは | トップページ | かぼちゃ祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>人はパンのみにて生きるにあらず

うんうん、お肉も野菜もってことじゃなく、やっぱりワインもなくっちゃね~♪

>akikoさん

つっこみどうもありがとうございます。
それを言い出したら、日本酒もはずせないし、第一日本人ならパンより米だろう!米!という話にまでなっちまいますわよ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/47191615

この記事へのトラックバック一覧です: 約束:

« 良い子のおうちへ届けたのは | トップページ | かぼちゃ祭り »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30