フォト
無料ブログはココログ

« りんご届きました! | トップページ | 愛しのアップルパイ♪ »

みさこ先輩とタルト・タタン

レフアさんがみさこ先輩を引き連れて、ブレーメンのケーキレッスンにやってきました!

みさこ先輩といえばファブリーズのCMに出てくる「みさこ先輩」シリーズ。アレなんだか印象に残るCMです。

後輩に慕われるおしゃれな先輩、という設定だけれど、慕われている・・というより、あの後輩たちの中に「先輩のおうちさすがですわ~」と言いつつ、どうも彼女の地位を狙う黒幕の女が居そうな気がする。

みさこ先輩が油断しているときに先輩の部屋を急襲したり、部屋の中でたこ焼き焼いたり・・・どうも怪しい。

というわけで、罠とは知らずレフアさんに連れられてやってきた、みさこ先輩。

危うし!みさこ先輩!

・・・っていう話ではなく、しごく穏便に楽しそうに仲良く二人でレッスンにいらしたわけです。(もとの仕事場ではレフアさんが先輩だったっていうし。)でもレフアさんが「みさこ先輩」って言うんだもん。途中から私も「みさこ先輩」とよばせていただきました。レッスンはりんご祭りのひとつ、タルト・タタンです。これは案外楽ちんなレッスンで、カラメルを絡ませたりんごをギュウギュウ型に詰め込んで、オーブンで焼いていき、りんごの嵩が減ったところで、上にパイ生地をのせて焼き上げる、というリンゴの質が良ければかならず美味しく出来るお菓子です。

まずはひとり4個、りんごの皮を剥かねばなりません。りんごものの宿命です。

いろいろ経緯はあるらしいのですが、ひらたく言えばみさこ先輩、かつて歌って踊れるミュージカルスターだったそうな。

P1020298_3


上は前世は遊牧民族だったというレフアさんが包丁を持つの図。お料理は苦手、っておっしゃっていたけれど、少なくともみさこ先輩の包丁を持つの図よりは安心していられました。

みさこ先輩、歌って踊れるが、包丁は得意ではないらしい、ということがこの時点で判明。まあ、私だって午前のクラスでベテラン主婦のTさんがスルスルと手際よくリンゴをむく前で、表面を凸凹にリンゴをむきつつ、赤面してました。

要はりんごの皮むきであれなんであれ、上手い下手というのは相対評価でしかないわけで、手さえ怪我しなければ、もしくは包丁の刃を欠きさえしなければ良いんです。

頑張れみさこ先輩!

さて、そんなアウェーで劣勢に立たされていたみさこ先輩ですが、パイ生地をのして3つ折りにしていく作業では、とても初めてとは思えない手際を発揮。

P1020299_4

どうしてもみんな利き手のほうが力が強いから、まっすぐ生地をのばそうとしても右利きなら右のほうが長くのせてしまうものなんですよ。

だんだん慣れてくるとそうした自分の癖を修正しながら、まっすぐ生地をのばせるようになるのですが、初めて作る人はそうした癖が出ることすら未経験だから、大概、不均等な厚さ、不均等な長さになって私が途中で修正するものなのです。今回ふたりとも相当綺麗に生地をのせていました。特に、みさこ先輩は全く問題なく驚くほど均等に伸ばせてたので、かなりびっくり!

多分、レフアさんはヨガを、みさこ先輩は長年のミュージカルスターとしてのたゆまない訓練によって、体幹がぶれず、左右のバランスがとれた体を作っていらしたからではないかと思います。やはり体って正直で、なにをやるのも基本だなぁ。
因みに私は根性が曲がっているから、気を付けてないと生地がゆがみます(笑)

あとはひたすらリンゴがオーブンのなかで焼き縮まるのを、時折オーブンから出して、ギュウギュウしていれば良いくらいのものなので、焼き上がりを待つ間、三人でお茶を飲みながら談笑。

レフアさんとはブログでのお付き合いもあるし、実際に何度かお会いしているので遠慮もないのですが、みさこ先輩とは初顔合わせ。なのにそんなことまったく感じさせない朗らかなオーラが全開で、レフアさんともども気持ちの良い方でした。

・・・・つい余計なことまで、アタシしゃべったな・・・・(汗)普段は寡黙なんだがな、アタシ。

ま、そんなわけでとても楽しいレッスンでした。焼きあがったタルト・タタンは一晩冷ましてリンゴのペクチンが固まるまで待たねばならないので、焼き立ての熱々を型ごとお持ち帰りいただきました。

一晩たって、お二人とも上手に型から外せたでしょうか?そこだけちょっと心配です。

レッスンが終わってから、その晩に私も頼まれもののタルト・タタンを焼きました。型から外してから、仕上げにアプリコティ(アプリコットジャムの上掛けを塗ること)をしていますが、うまく型から外せれば同じようにできていると思うのですがどうだったでしょうか?

1210tatan_2


あ、今レフアさんのところにお邪魔したら、レフアさんもみさこ先輩も上手に型からはずせていらっしゃいました。良かった、良かった!

楽しいひと時を私も過ごさせていただき、ありがとうございました。

ええ~っと、初対面なのにこんな記事に仕上げちゃって、みさこ先輩ごめんね。

« りんご届きました! | トップページ | 愛しのアップルパイ♪ »

ブレーメンでのレッスン」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました!

ミサコ先輩は人生の先輩なのです。
わたしたちのために自ら火の中水の中に飛び込む後姿を見せてくださっているのです!
影も踏んではいけませぬなー( ̄▽ ̄)

パイ生地をのす才能があるとは、さすがミサコ先輩!
ムダに声がでかいわけじゃなかった…失礼!
わたしはといえば、最初にのしたら右に曲がったので修正を加えつつのしていたらビリッとやぶけてました。あは。

アップルパイ好き、でもタルトタタンとアップルパイの違いがわからない相方が喜んで食べていたので、その気になったら復習してみようと思います。
小麦粉とバターと砂糖とりんごがあれば何とかできそうですよね…ガンバリマス。

レフアさん、案外簡単でしたでしょ?要はいかにりんごを型にぎゅうぎゅう詰めるか!にかかっているお菓子です♪
是非是非、毎年秋になったら焼いてみて、初夏の梅干し作りと同様におうちの年中行事にしてくださいね。
料理作りに必ずしもエプロンはいらないけれど、パイ生地作りには必須アイテムだから、一枚くらいは買ってくれぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/47536380

この記事へのトラックバック一覧です: みさこ先輩とタルト・タタン:

« りんご届きました! | トップページ | 愛しのアップルパイ♪ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30