フォト
無料ブログはココログ

« みさこ先輩とタルト・タタン | トップページ | 焼き菓子倶楽部 2012年ラスト »

愛しのアップルパイ♪

うちの羊にとって、私が作る菓子なんてぇ、ものにあまり価値はない。

朝食時に出されたら(二人して忙しくしているので、通常お茶の時間なんてものは存在せず、試作の菓子は朝食べるしかないのよね。)余計なことは言わず、ふむふむと咀嚼すればいいだけの話である。ああ、今日の朝ごはんはパンじゃないのね、コレなのね?という程度の認識のはず。

そんな羊が私にケーキをねだるのは一年に一度、りんごの時期だけなのだ。

そう、りんごがうちに届くと「ねぇ、ねぇ、うちのりんご祭りはいつやるの?アップルパイはいつ焼くの?」とことあるごとに言ってくる。

羊が私と結婚して一番幸せなのは、焼き立てのアップルパイで上あごを毎年火傷することなんじゃないかと思えてならない。たぶん、このアップルパイのおかげであんなこともこんなことも、そんなことも、目をつぶってるんだろうなぁ・・・・。

というわけで、今年も自分たちの為だけに焼いたアップルパイ!

121021b


直径12センチの小さいパイ皿で焼いてみた。

ちっともおしゃれじゃないアップルパイ!

でもこのパンパンに不格好なまでに膨らんだアップルパイが美味しいんだな♪

121021a_4

直径12㎝の小ぶりなパイの中にリンゴ2個分をたっぷり詰め込んだアップルパイは、りんごを食べるというより、アツアツのリンゴをソース代わりに、ザクザクとした焼き立てのパイを食べるという感覚。

大き目なふた切れを、冷えたロゼワインと楽しむ秋の昼下がり。秋らしく乾いた晴天で、家の中を吹き抜ける風も心地よく、確かにこれは人生の楽しみの中でけっこう上級のものかもしれませんなぁ。

うひひひ。

« みさこ先輩とタルト・タタン | トップページ | 焼き菓子倶楽部 2012年ラスト »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

おいしいんだろーなー、いいないいな。山田家の養女になりたいな~。

>さんぱちさん

なんてことはないですよ、うちまで受け取りにいらして
鶴見川を眺めながら、鳥見しながら食べればOK。
サイクリングの人や散歩の人に見られるけど、雨が降ったらわびしいけど。
ああ、あと野良猫が集まってきちゃうかもだけど。

いいなぁ~~
林檎とバターの香りがPCから漂ってきそうです。
うちの相方には、そこまで熱望する料理はないと思うのです。
一年に一度くらい、、という頻度がまた良いのでしょうね♪

つむぎさん
やはりアップルパイは香りが魅惑的なので、人様のお口に入るものばかり作っていると、りんごの残り香だけでは我慢できないのでしょうね。羊は常にお預け状態だからです。愛と美食に恵まれたつむぎ家の旦那様とそこが大きくちがうところですね。

m(。・ー・。)m ♪♪

>ヌシさん

ヌシさんのぶん切腹しちゃっててごめんね。
でもりんごたっぷしだったでしょ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/47562988

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しのアップルパイ♪:

« みさこ先輩とタルト・タタン | トップページ | 焼き菓子倶楽部 2012年ラスト »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30