フォト
無料ブログはココログ

« キルシュクーヘン(再度挑戦) | トップページ | 会話と報告 »

ビエナカフェトルテ

登戸の教室で久々、ケーキのレッスンを受けてきました。

年が明けてからひたすらかすてらを焼き続けてきたのですが、ちょっと小休止。最近ドイツ菓子を自習していることを先生がご存知かどうかはわからないのですが、「今日の課題は何でも良いです。お任せします。」と言ったらこれを選んでくださいました。

Viennakaffeetorte(ビエナカッフェトルテ)

Viennakaffee1c


これの作り方がとても面白かったです。スポンジはわざと肌理を粗くしてシロップを染み込みやすくさせるためか、スポンジ生地なのにベーキングパウダーが入ります。

コーヒーとカラメルを入れた褐色の生地の間に挟むフィリングは、砂糖を焦がしてバターを加え煮詰めたカラメルを生クリームに加えて、冷やしながら撹拌するというもの。

砂糖の再結晶化を利用したものだそうです。

最初、サラサラだった液体が、撹拌しているうちにねっとりとしたクリーム状のものになります。フォンダンになる手前の状態だわね。そこにもコーヒーを足しておきます。

スポンジにブランデー入りのシロップをたっぷり打ったら、このカラメルのクリームをナッペし、さらに生クリームを重ね、次のスポンジをのせます。

一番上からチョコレートガナッシュをかけて仕上げです。

お味は、スポンジが軽くて、そこにカラメルの苦みを抱きつつ甘みのあるクリームと、軽いホイップクリームが加わるのだから、贅沢な美味しさ。

紅茶で食べましたが、これはコーヒーで食べるべきでした!

実家に来た姪のKANAKOさんが編みあがったレース編みを母に見せに持ってきていたので、そこにのせて1枚記念写真♪

Viennakaffee2c

レース編みが得意なKANAKOさんに「叔母さんにも作ってよ~」と言ったんだけど、ま、無理かしらね。

« キルシュクーヘン(再度挑戦) | トップページ | 会話と報告 »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/51038707

この記事へのトラックバック一覧です: ビエナカフェトルテ:

« キルシュクーヘン(再度挑戦) | トップページ | 会話と報告 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30