フォト
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

今年のGWは・・・。

今年のGWは昨年ほど仕事づけではありませんが、一応カタギの仕事は通常業務です。

おまけに週末に焼き菓子倶楽部を入れていたため、そしてこれがパイ菓子で、朝焼いて、宅急便の当日便にのせなければならないため、連日4時起きでした。(5時で十分間に合うはずなのにやはり気になるから目が覚めちゃうのよね。)

そんなわけで、いその爺サマ、つらいのは貴方だけじゃない。同類がここにもいます。

朝日にあたるショーソン・オ・ナポリタン

1304club1c


早起きして焼き立てを送っておりますので、せめて1個はその日のうちに美味しく食べて~!

なぁんて、同情をかうような書き方をしてますが、実は今年はけっこうお楽しみもあったりして、むふふ♪なGWなんですの。

今日は確かに4時起きでしっかり働きましたが、午後はお台場のホテルで開催された「ドイツワインと料理を楽しむ会」に羊と二人でおよばれしてきました。

ウェルカムドリンクの甘めのワインから始まって、最初の乾杯のゼクト(泡~♪)、料理に合わせたドイツワインいろいろ、最後のマリエンホーフリケールの〆まで全8種、プラス特別なワイン1種も含めてゆっくり時間をかけて9杯も飲んだことになります。

でも不思議と酔っ払わなかったなぁ~。

ドイツからわざわざ「ワインの女王(日本でいえば多分ミス甲州みたいなかんじ?)」も来ていて、なんとも楽しいお祭りでした。

私にとっては初ゆりかもめ、初お台場で、お天気も最高だったので、GWらしいお出かけになりました。

ま、明日は通常業務で代官山だけどね。

次の週末も4時起き必至だけどね。

GWたっぷり楽しめる方も、いその爺さんのようにお仕事の方も、気持ちの良い気候は平等ですもの。気分だけはウキウキと過ごしましょう。

私はGW後半にまたちょっとおよばれがあるので、それを楽しみにがんばります。

アタシのソウルフード

田園都市線沿線(農村部だけど)暮らしをして、もうそろそろ20年になるけれど、この近辺は美味しいパン屋とケーキ屋と、新鮮な野菜には不自由はしない。

食に関しては本当に充実していて良いなぁ、と思います。

ただ、こちらへ来てしばらくしてから風邪をひいて猛烈に喉が腫れて難儀したときに、今、自分が食べられるもの、食べたいものは何だろう?と自問したときに出てきた食べ物は「川崎大師の久寿餅」!

根っこのところは川崎っ子だなぁ・・・。

そして、この食に関しては本場ドイツのソーセージやハム、ベルギービール、本格的フランス菓子、ウィーン菓子が手に入るこの地でありながら、川崎大師の久寿餅は入手不可。

それまで日常的にいつでも食べられると思っていた食べ物が、ちょっと離れたところでは全く流通していないという事実に、喉を腫らした私は愕然としたわけです。

そんな話を閣下と吉祥寺にお出かけしたときにしたのですが、「え~?スーパーとかでも普通に売ってない?」と言われてしまった。普通に売ってる?

井の頭公園の茶店で、久しぶりの久寿餅と温かいお茶を頂きながらの会話だったのですが、食べてる久寿餅が、「だってこれお大師様の久寿餅じゃないもん!」というヘタレな久寿餅だったのでなおさら望郷の念が・・・(川崎くらい行けヨ!という話でスイマセン)

別にね、上等なお菓子というわけでもないし、特別に好物ってわけでもないのだけれど、今はもういない伯母が、お大師様にお参りにいった帰りに今はもうない川崎の我が家に寄っておいていってくれたり、家族の誰かがお参りにいったついでに買ってきたり、なんとなく定期的に子供のころから食べていたお菓子だったわけよ。

特に夏の暑い日、寝苦しかった夜が明けて食欲が無い朝でも、冷蔵庫にガラスの器に盛られた久寿餅があると「コレ!コレ!これなら食べられる」と思ったもんです。

なんでそんな話をするかというと、たまプラの某百貨店のチラシに今週の食料品の催しものの目玉のひとつに「住吉屋さんの久寿餅」が載っていたから。やっぱりね、わざわざチラシに目玉として載るくらい、ここらへんでは日常買いできるもんじゃないのよ。

で、買いに走ったか?と聞かれると・・・行ってない。

そう、そこまで魅力的なお菓子ではないのよね。だからマーロウのプリンは何度も催し物に登場しても住吉屋さんの久寿餅はめったなことではお目にかかれない。

ふるさとは遠きにありておもうもの・・・(ちょっとちがうか?)

喉が痛かったり、寝苦しかったりしたときに冷蔵庫に入っていてくれるとウレシイな、というソウルフード。

ま、今年の夏は一度くらい川崎へ行って買ってこようかと思ってます。

Willkommen!ドイツ菓子祭り

なにしろ今年は勝手にドイツ菓子強化年間!

「ドイツ菓子祭りin実家」が家族間で好評だったので、もうちょっとドイツ菓子の輪を広げるべく根岸のカフェ・ハンズさんにご協力いただいて内輪のドイツ菓子祭りを今日の午後こっそり開催しておりました。

参加者の方々がツイッターでつぶやいていたりしたから、目にしたかたもいらっしゃるかな?

Willkommen!

Kasimaturi3c

お出迎えしますのはドイツで縁起が良いとされるブタさんのメッセージクッキーと、シュプリッツゲベック マンデル(要は絞り出しアーモンドクッキー)。

12匹の豚のアイシングはめんどくさかった・・・・・ぞ。

ドイツ菓子祭りといったって単にカフェ・ハンズの美味しいコーヒーと私が作るドイツ菓子3種類を楽しむだけというゆるゆるな会でした。でもせっかく集まるのだから、それらしくしたいなぁと思って、昨日は閣下にお付き合いいただいて吉祥寺を散策。吉祥寺にあるドイツ雑貨のお店でドイツのポストカードを人数分購入してきました。

ドイツのポストカードはポップな色使いで可愛いね。

↓さばさんのメニューカードにした猫柄ポストカード。この猫が何しているかは不明。

Kasimaturi6c

↓ちょっと北欧のデザインみたいなカラフルなカード

Kasimaturi2c


さて、ケーキは三種ご用意してました。コーヒーはあらかじめハンズのマスターにご相談させていただき、まず軽めの味わいの「ブルンジ デュコレレイカワ」。アフリカの小国「ブルンジ」の稀少豆だそうです。

ケーキはサワーチェリーを焼きこんだ「キルシュクーヘン」

Kasimaturi1c

お祭りらしく金箔なんかのせちゃって、綺麗にチョコレートガナッシュで線描きもいたしました。皆様に切り分けていたりしたら、断面図は撮りそこなった・・・。(というか写真を撮り忘れて食べちゃった。)

作って4日目の今日、どんぴしゃりのしっとり感、美味しさになってました。

もう1種は以前の焼き菓子倶楽部でも作った「ケーゼマッセントルテ

Kasimaturi4c

チーズフィリングの層の上にカスタードベースのシュケマッセという軽い生地を流し焼いています。レーズンをちょっと入れずたかも。食べ汚したお皿の上での撮影でごめんなさい。

2杯目のコーヒーは少し苦みのある「イタリアンブレンド」。配合あらたに新登場のブレンドだったんですね?さらっと飲めるけれどしみじみ美味しかったです。

2杯目のコーヒーが入るまでみんなじっと食べるのを我慢していた、本日のメインともいえるこれぞドイツ菓子!

フランクフルター クランツ

Kasimaturi8c_2

Kasimaturi9c_3

プラリネは今朝作って、ガシガシ砕いたものを貼りつけたので、少し溶けて艶を帯びた頃で食べごろでした。

少しざらっとした舌触りのスポンジにラム酒入りのシロップをたっぷり打っているので、サクッとしていながらしっとりしているベースにプラリネの苦みと香りとガシガシした食感が加わって、やはり大好評でした。

美味しいコーヒーと一緒に食べる至福のひと時でした。

初対面同志の方もいらしたのですが、なにかしら共通点があってそれぞれお話も弾み、和やかな会となりました。1ホールを12名で分けるとちょうど良い分量なので、この規模のお茶会は私も負担ではないし、楽しくて良いなぁ~。

さくっと集まって楽しく過ごし、さらっと2時間で解散。

大人の楽しいひと時でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回参加できずに涙を飲んだ方には朗報です。来月5月10日(金)からカフェ・ハンズさんの開店記念特別企画で私のドイツ菓子をお出しすることになりました。

改めてご案内いたしますがドイツ菓子らしいドイツ菓子、ということでリンツァートルテを出すつもりでおります。

お近くの方、覚えておいてね。

GW焼き菓子倶楽部の状況

GWのお楽しみ焼き菓子倶楽部ですが、みなさん待っていてくださったようで昨日中に相次いでお申込みいただけました。

ずいぶんとさぼっていたので、もう忘れられたかな?と危惧していたのですが・・・感謝です。

1日限定4名様というやる気あるのか?というご案内なのですが、現在4/27、があと1名様。5/5もあと1名様のみ枠が残っております。

お申込みいただいた方には昨日中にお返事させていただいていますが、「あれ?返事がきてないヨ?」と思った方はお問い合わせください。

時々、なぜか迷惑メールに紛れていたのを気づかない時もあるのでスイマセン。

今週はこじんまりしたお茶の会を企画しているのでその準備と、レッスンでなかなか忙しそうです。こういう忙しさは楽しいな。

パン ド ジェーヌ オランジェ

焼き菓子倶楽部番外編、ゴールデンウィークのお楽しみ版は当日の朝焼いて当日便でお届けするショーソン・ナポリタンと、もうひとつのお菓子をこの「パン ド ジェーヌ オランジェ」にしました。

小粋なおフランス菓子です。

どちらも春らしくオレンジの香りをまとっております♪

Pains de Genes Orange

Pains_de_genes_orange1c

え?地味?

いや、確かに・・・・。

ただしこの子の香りを嗅いでから言ってちょーだい。

ローマジパンを使った味わい深いスポンジ生地が焼きあがったら間髪入れずマリエンホーフのブラッドオレンジのリケール入りのシロップをじゅわ~っと染み込ませます。

オレンジグラスを塗ったら↓のように・・・

P1020965

アルミホイルで包んでこのままでお届けします。

しっかりオレンジの香りを閉じ込めてのお届けです。

焼きたてのオレンジの香りのパイと、しっとりしたオレンジの風味のケーキ。

相性が良いように思うのですが・・・。

ショーソン・ナポリタン

Napolitain1c


HPのほうには明日か明後日には詳細を載せておきます。

今日はもう疲れた~。

ゴールデンウィークのお楽しみ (予告)

焼き菓子フリーク氏にせっつかれた焼き菓子倶楽部。

今回はかなり限定してのご案内です。

なにせ、ショーソン・ナポリタンを出したいと思っているので、一度に焼ける数に限りがあるのですよ。

4月27日(土)28日(日)、5月4日(土)、5日(土)の夜に受け取れる関東地方の方、各日4名様のみのご案内です。

何故夜か?というとその日の朝に焼いて、ヤマトの当日便でお出しするからです。

内容はショーソン・ナポリタンを4個とパンドジェーヌオランジェというオレンジの焼き菓子を4個のセットでちょっとお高め2500円です。

ショーソン・ナポリタンを出すことは決めていたのですが、それと何を組み合わせるかで迷っていて、ご案内が遅れました。

パンドジェーヌオランジェ、どんなお菓子なのか?

・・・・今日試作して明日画像をUPいたします。

今回は「予告」ということで♪

会話と報告

私が通勤で使う路線には、某有名女子学園があるので、そこの小学校を受験する為の予備校(幼稚園生対象)があるみたいです。

先日、仕事帰りの電車の中でこんなことがありました。

幼稚園生くらいのおちびの女の子が「ママはあたしの話を聞いてくれない!」とお母さんに言っている声に気づきました。

お母さんは黒のパンプスに黒の上等なスーツ、多分ブランドもののバッグを持っていて、女の子も上等なよそいきのお洋服を着てました。ああ、多分そういう予備校の帰りなんだな、とピンとくるいでたちの親子です。

お母さんはその子に「だって、あなたの話は全然つじつまがあってないから、わからないのよ。」「だってさっきまで絵画教室の話をしていたでしょ?なのになんで○○ちゃんの話になるの?ママにはわからないわ。」

「もっと筋道を立てて話しなさい!」

大人になっても筋道の通った話ができない私にとっては衝撃の一言です!

案の定、女の子は口をつぐみました。

お母さんは「筋道を立てて話さないと、せっかくの面白い話も伝わらないの!」とさらにその子に言いました。

全ての話にオチをつけることを求めるなんざ、将来は落語家にでもしたいのかいな?とアホなことを私は心のうちでモゴモゴとつぶやいていたのですが、このお母さんはマジなんだろうなぁ。

筋道を立てて話すことは大事かもしれない。

でもお母さんと離れていた時間にあったことを、一日の終わりに話したい!と思う子供の心に筋道なんて無いよね。

「話したい!」というその気持ちは生き物で、わくわく、むくむく子供の心から湧き出てくるものだと思う。だからあっちへ話が飛んだり、こっちへ戻ってきたり、脈絡のないのが子供の話で、それを「なんだかわかんないけど、今日は楽しかったのね!」と受け止めるのがお母さんなんじゃないのかな?と思うわけです。

子供が筋道立てて話ができなくても、お母さん自身が鎧のような黒いスーツを身にまとわなくても、多分大丈夫だから・・・。なんだかそんなふうに言ってあげたくなりました。

会話は報告とは違う。

子供に報告だけを求めたら、そのうち子供はアナタに話をしなくなるよ、そう伝えてあげたいのだけれど・・・。

時代の空気が今のお母さんたちを追い詰めているのかな。

案外、良いお洋服を身にまとわなくても、お金があんまりなくても、子供がそんなにおりこうさんでなくても、そう、案外大丈夫なもんだよ。きっと。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30