フォト
無料ブログはココログ

« GW焼き菓子倶楽部の状況 | トップページ | アタシのソウルフード »

Willkommen!ドイツ菓子祭り

なにしろ今年は勝手にドイツ菓子強化年間!

「ドイツ菓子祭りin実家」が家族間で好評だったので、もうちょっとドイツ菓子の輪を広げるべく根岸のカフェ・ハンズさんにご協力いただいて内輪のドイツ菓子祭りを今日の午後こっそり開催しておりました。

参加者の方々がツイッターでつぶやいていたりしたから、目にしたかたもいらっしゃるかな?

Willkommen!

Kasimaturi3c

お出迎えしますのはドイツで縁起が良いとされるブタさんのメッセージクッキーと、シュプリッツゲベック マンデル(要は絞り出しアーモンドクッキー)。

12匹の豚のアイシングはめんどくさかった・・・・・ぞ。

ドイツ菓子祭りといったって単にカフェ・ハンズの美味しいコーヒーと私が作るドイツ菓子3種類を楽しむだけというゆるゆるな会でした。でもせっかく集まるのだから、それらしくしたいなぁと思って、昨日は閣下にお付き合いいただいて吉祥寺を散策。吉祥寺にあるドイツ雑貨のお店でドイツのポストカードを人数分購入してきました。

ドイツのポストカードはポップな色使いで可愛いね。

↓さばさんのメニューカードにした猫柄ポストカード。この猫が何しているかは不明。

Kasimaturi6c

↓ちょっと北欧のデザインみたいなカラフルなカード

Kasimaturi2c


さて、ケーキは三種ご用意してました。コーヒーはあらかじめハンズのマスターにご相談させていただき、まず軽めの味わいの「ブルンジ デュコレレイカワ」。アフリカの小国「ブルンジ」の稀少豆だそうです。

ケーキはサワーチェリーを焼きこんだ「キルシュクーヘン」

Kasimaturi1c

お祭りらしく金箔なんかのせちゃって、綺麗にチョコレートガナッシュで線描きもいたしました。皆様に切り分けていたりしたら、断面図は撮りそこなった・・・。(というか写真を撮り忘れて食べちゃった。)

作って4日目の今日、どんぴしゃりのしっとり感、美味しさになってました。

もう1種は以前の焼き菓子倶楽部でも作った「ケーゼマッセントルテ

Kasimaturi4c

チーズフィリングの層の上にカスタードベースのシュケマッセという軽い生地を流し焼いています。レーズンをちょっと入れずたかも。食べ汚したお皿の上での撮影でごめんなさい。

2杯目のコーヒーは少し苦みのある「イタリアンブレンド」。配合あらたに新登場のブレンドだったんですね?さらっと飲めるけれどしみじみ美味しかったです。

2杯目のコーヒーが入るまでみんなじっと食べるのを我慢していた、本日のメインともいえるこれぞドイツ菓子!

フランクフルター クランツ

Kasimaturi8c_2

Kasimaturi9c_3

プラリネは今朝作って、ガシガシ砕いたものを貼りつけたので、少し溶けて艶を帯びた頃で食べごろでした。

少しざらっとした舌触りのスポンジにラム酒入りのシロップをたっぷり打っているので、サクッとしていながらしっとりしているベースにプラリネの苦みと香りとガシガシした食感が加わって、やはり大好評でした。

美味しいコーヒーと一緒に食べる至福のひと時でした。

初対面同志の方もいらしたのですが、なにかしら共通点があってそれぞれお話も弾み、和やかな会となりました。1ホールを12名で分けるとちょうど良い分量なので、この規模のお茶会は私も負担ではないし、楽しくて良いなぁ~。

さくっと集まって楽しく過ごし、さらっと2時間で解散。

大人の楽しいひと時でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回参加できずに涙を飲んだ方には朗報です。来月5月10日(金)からカフェ・ハンズさんの開店記念特別企画で私のドイツ菓子をお出しすることになりました。

改めてご案内いたしますがドイツ菓子らしいドイツ菓子、ということでリンツァートルテを出すつもりでおります。

お近くの方、覚えておいてね。

« GW焼き菓子倶楽部の状況 | トップページ | アタシのソウルフード »

素敵なこと」カテゴリの記事

コメント

なんで集まるかっていうと、いろんな種類のドイツ菓子を食べてみたいから。
なんで12人なのかっていうと、ドイツ菓子の伝統12等分器を使うから。
ドイツ菓子とコーヒーを楽しむために、日曜日の午後参集した12人(カフェ・ハンズさん含む)。

なんかこう…潔くて、ちょっと酔狂で…素敵です、山さん。
はじめましての方も、まぁ、あなたが!の方も、お久し振り~の方もいらっしゃるのだけれど、さっと集まってすっと解散するのがまた贅沢でした。
お招きありがとうございました。フランクフルタークランツ、最高に美味しかったです!

ポストカードの猫たちは「猫の集会」をしているのかなぁ?

至福のひとときでした~。ありがとうございました。
あのガシガシはプラリネってんですか。切り分けたあとに銀紙の上に残った
ガシガシがもったいなくて、少しずついただきました。
次回も参加します。

>さばさん

12名という限られた人数だったので、誰にお声かけするか・・・というのが一番難しかったですが、集まっていただいたら、あ、この人はこちらとつながりがあって、この人はこれから親しくなるだろうなぁ・・・という感じでスルスルと席が決まっていきました。

「この後どうする~?」ということもなく
さらっと解散するあたり、皆さん大人でしたねぇ。
ドイツの猫は神殿で集会するのでしょうか?
ドイツ雑貨の店主さんも素敵な女性だったので、今度質問してみよう♪
吉祥寺を案内してくれた閣下の話もしたいので、そのうちまた会おうね。

>さんぱちさん

お運びいただき、ありがとうございました。
プラリネともクロッカンともいいますが、あれは美味しいですよね。
アーモンドを飴がけしたものを砕いて作るんですが、
包丁でガシガシやっているとたまにガラスのようになった飴で手を切ることもあるのよ。FPではなく包丁で刻むからこそのあの粗さ。
不均等な美味しさってあるのかも。
次回があるとしたらあのメンバーに、今回涙を飲んだ午後のSさんが加わると
不動の12名になると思います。
その時はまたよろしくね。

KTY(キッチン山田)12に入りそびれたものです・・・

早々にお声がけいただいたのに、
いけずに大変申し訳ございませんでしたcrying

>フランクフルター クランツ
→これ、まわりのガシガシした食感をぜひ味わいたかった。
 レッスンでやるには上級コースに進まないとできないですね。。

>Kayanoriちゃん

フランクフルタークランツ、手間はかかるけど共立てで卵3個が十分泡立てられれば、それほど難しくはないの。
12月の目玉のレッスンでやるつもりです。

泡立て練習しておいて~。

先生のフランクフルタークランツ!
食べたかった!
卵3個分・・・・・・・!
あと腕が6本くらいあったら、私でも十分な泡だてできるかしら・・・・

>chikonokoちゃん

お帰りなさ~い。
そんなことよりレフアさんと「chikonokoちゃんが幸せになって良かったね~」という話で盛り上がってましたのよ。

あと腕6本だと、足の2本も含め、タコより多くなる・・・・。
泡立て器を扱うより8本の腕をそれぞれ使い分けるほうがよほど大変だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/51225519

この記事へのトラックバック一覧です: Willkommen!ドイツ菓子祭り:

« GW焼き菓子倶楽部の状況 | トップページ | アタシのソウルフード »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30