フォト
無料ブログはココログ

« 新潟旅日記(その2) | トップページ | レモンのパウンドケーキ »

ドボス・トルテ

夏の旅行の話の途中でしたが、すいません。飽きてしまいました。

絵日記をもって羊の実家へ行って羊母、羊父に丹念に読んでもらって、説明もしたら、私の中で十分今年の旅行は消化できてしまったので、この先の旅日記の続きが知りたい人は、私との面会時にお申し出ください。

現物もって話の続きをして差し上げます。

とにかく新潟へ行ったら「渋川」へ飲みに行け・・・と。

そして地酒は「村祐」。肴は揚げたてを出してくれる栃尾揚げを是非たべて欲しい。秋になったら「かきのもと」と言われる菊の花は忘れず注文しようね・・・という内容が皆様にお伝えする新潟旅行ガイドであります。

さて、ここにきて、また猛暑がぶり返してしまいましたね。

どんなに猛暑がぶり返しても、9月になったら夏じゃない。じゃあ、秋か?と問われると、秋でもないんだけど、とにかく一年の後半戦に入ったことは間違いないので、菓子教室のセンセーとしてはいろいろ準備しなくちゃいけないわけだわサ。

猛暑なのにこんな本格的なドイツ菓子・・・。

ドボス・トルテの試作です。(試作だから・・・まだ仕上げが粗いのは見逃して)

Dobos1c

Dobos2c_2

上の生地に飴がけするんだけれど、飴が半止まりで固まっている間にカットするのが難しい。(どのナイフを使う?とか飴がくっつかないようにするのはどうする?とか)

あともう一回くらい作ってみないとレッスンにはおろせませんね。

この出来上がっちゃったものを持って、本日は実家へGO!

途中、暑さで溶けないか?も心配だけれど、こんな猛暑の日に皆がこんなもの食べたがるか?が一番の問題だと思う。

« 新潟旅日記(その2) | トップページ | レモンのパウンドケーキ »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

コレは … 作るのも大変そうですが 切り分けるのも大変そうだあ ( ̄Д ̄;;

ヌシさん
一番上のカラメルがけしてあるスポンジはカットしてあるのでそれにあわせて切り分けます。だから案外大丈夫でした。
暑くてクリームがダレるので苦労したぜよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/53103840

この記事へのトラックバック一覧です: ドボス・トルテ:

« 新潟旅日記(その2) | トップページ | レモンのパウンドケーキ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30