フォト
無料ブログはココログ

« あおり25を使って③(タルトタタン編) | トップページ | バレンタインいろいろ »

あおり25を使って④ (アップルパイ編)

青森県の新種のりんご、品種名「あおり25」を使ったお菓子もいよいよラストです。

加熱したあとまで食感が残るという特徴が一番活かされるのではないかと思われる、アップルパイを作りました。

いつもの円形のりんご山盛りのアップルパイも作ったのですが、写真を撮る時間もなく某所へ出荷。味見のリポートはそちらにお任せいたしました。

で、私達用に作ったのがこの形のアップルパイ。こうなると名前はアリュメット・オ・ポムになります。(マッチ箱・・つぅ意味かと思います)

Allumette au Pommes (アリュメット・オ・ポム)

Aorid1c

焼成温度は200℃で、40分かけて焼いています。

縁のパイ皮はサックサクであります。えへへ。

いけない、これはあくまであおり25の使用感を試す試作です。こころして食べなくては・・・。と言いつつ、昨秋、紅玉リンゴでのアップルパイを食べ損なっている羊は特に嬉しそう。コーヒーと一緒に午後のお茶の時間に食べました。

さて、断面は・・というと

Aorid2c

りんごはあらかじめ40%の砂糖とレモン果汁とともに軽く煮ています。(紅玉の時より、幾分加熱時間を多めに煮ました。)そしてなおかつオーブン内に40分入っていたわけですが、断面のりんごの真ん中はまだ白い状態。

うちのアップルパイを食べるときの正式なお作法は、フォークなんぞは使わず手づかみで、というものなので、遠慮なく二人ともアツアツのパイを頬張ります♪

あおり25を使ったお菓子を試食してみて、いつもこの加熱した後の食感にばかり注目していたわけですが、今回、このアップルパイで、あきらかに味が紅玉とは違う、味わいに驚きました。

りんごって品種によってこんなに味が違うものなんですね。

紅玉を使ったものに比べて、多分酸味が抑えられているからだと思うのですが、紅玉が「りんご~!!!」というストレートな美味しさだとすると、このあおり25を使ったパイは、もう少しソフィストケイトされた「お菓子らしい味わい」になったように思います。

羊曰く、「紅玉のアップルパイの時は紅茶が合うなぁと思ったけど、これはコーヒーが合うなぁ」だそうです。多分、パイ生地の味が前面に出てくるかもしれませんね。

紅玉のアップルパイの美味しさと異なる美味しさだけれど、これはこれでアリです。紅玉が終わったから代替えで「あおり25」を使う・・というのではなく、あおり25は紅玉にはない美味しさがあるから違う味わいのベクトルとして使いたいなぁと思いました。

まぁ、あとは外部委託したタルト・タタンとアップルパイの試食の感想を参考にして青森のりんご研究所品種開発部なるところに感想を送ろうと思います。

年越ししたのに美味しいリンゴが食べられて、本当にラッキーでした♪

どこかで目にすることがあったら、「あおり25」を購入することをお勧めします。

« あおり25を使って③(タルトタタン編) | トップページ | バレンタインいろいろ »

「スウィーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/54760214

この記事へのトラックバック一覧です: あおり25を使って④ (アップルパイ編):

« あおり25を使って③(タルトタタン編) | トップページ | バレンタインいろいろ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30