フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

桜咲いたね

昨日の朝、レッスンをしにタマプラの駅に降り立ったときにはまだ咲いていなかった桜が、レッスンを終えた昼過ぎには一気に開花していました。

三分咲きくらいかな?

レッスンでもタイムリーに桜モチーフの課題でした。

カフェ・エタージェントルテ(夜桜)

1403yozakuraoc

闇に沈む桜と闇に浮かぶ桜・・・っていうふうに仕上げてもらっています。レッスンだと持ち運びのことを考えて丸いプラスチックセルクルでつくりますが、これは一昨年の春にカフェ・ハンズさんにお出しした「夜桜」です。

Yozakura3_2

昨日レッスンされた皆さんは、それぞれプレゼントにするのだとか。季節にぴったりで喜ばれたことと思います。

しかし、優雅なお菓子といえども製作現場はバタバタで、(他のお菓子も同時進行していたのと、レッスン後の予定があって早めに帰らないといけない方がいた・・・。汗)私も生徒さんもフル回転でありました。お疲れ様です。

そして、帰ってから作ったケーキにも桜を散らしてみましたよ。

こちらは10歳の男の子のバースデーケーキ。

140328ac

ブレーメンのスタッフmieさんからリクエストされたケーキです。10歳男子にふさわしいピンクのケーキにすべく、黒猫クッキープレートを作って、色にメリハリをつけました。

140328mie1c_2


桜舞う苺畑を恋を求めてさまよう黒猫の図・・・・・春だなあ。

恋猫って春の季語だっけ?

春満載のバースデーケーキとなりました。

今日はカタギのお仕事ですが、電車の中から目黒川の桜を眺めるのがちょっと楽しみです。

「ヌッストルテの日」制定?

「男気ホワイトデー」と銘打って今年初の焼き菓子倶楽部をやったのですが、蓋を開けてみれば正統派ホワイトデーとして使ってくださったのはBenさんお一人・・・。

あとはこうしたガシガシ、ゴツゴツした男っぽい焼き菓子が大好きな皆さんが自分用にとご所望いただきました。

Nuss2c

いや、本当に無骨な外見ですが、みなさんコレは本当に気に入ってくださって嬉しいかぎりです。

そんなお一人、友人のさばさんはこれを釣り餌として画伯を呼び寄せ、ふたりで堪能した旨メールをくださいました。

で、そこには「毎年3月14日あたりの一日をヌッストルテの日と制定し、これから毎年取り寄せる」という宣言が書かれてありました。

「○○の日」というのは普通、売り手とかその業界とかが仕掛けるもんなんじゃないのか?と、そんな疑問がチラリと浮かんだのですが、これを却下するとさばさんと画伯というお友達をなくすばかりか、日本海側のとある町方面から叱責の声があがりそうなので、ありがたく受諾することとなりました。

来年から3月14日はホワイトデーではありません。

みんなでキャラメルがけした木の実をガシガシかじる「ヌッストルテの日」になりました。

ということで来年3月になりましたら、また皆様にお声掛けいたしますので、覚えていてね。

2月末からきっと来る日も来る日も私はナッツ類を刻むんだな・・・腱鞘炎にならんようにしようっと。

Nuss1c_2





春到来

今朝、寝床で今年初めてのウグイスの声を聞いた♪

まだヘタクソだったけどね。

ホワイトデーの焼き菓子倶楽部も無事に終了し、春の恒例行事である登戸のかすてら品評会も終了。年々、甲乙つけがたいかすてらが並ぶので、激戦となっています。

一番下の甥が無事大学入試を終えて晴れて大学生になることが決まり、コレはメデタヤと思った矢先にあれやこれやとあってバタバタしているうちに、突然春がやってきたように思います。

職場ではバレンタインデーのお返しにホワイトデーには若手男子が代表して買ってきたお菓子がいただけます。

毎年、その若手の実力が試されるわけです(笑)

今年はちょいとおしゃれだったかな?

2014314

マカロンにチョコレートをコーティングした可愛いお菓子です。

マカロンよりチョコレートに重点がおかれた感じかな?おいしゅうございました。

そして↓は羊のホワイトデーと私のバレンタイン友チョコへのお返しに私が焼いたものです。

140314bc_2


手前のほんのりピンク色のものは苺のパウダーを使ったラングドゥシャ。ホワイトチョコレートのガナッシュとラズベリージャムをサンドしています。

うしろの絞り出しサブレーは塩漬けの桜葉をパウダーにしたものを加えています。ほんのり塩味&春の味です。

桜のつぼみを膨らんできて、もうすぐ咲くかな?

Gateaux au Mars

ガトー・オ・マルス、Marsはおふらんす語で3月のこと。

登戸の教室の25周年記念かな?なんかそんな節目の年に開室記念の3月に出されたレシピです。

なので、先生が「3月のケーキ」と特別に名づけたのかもしれません。登戸のレッスンでもかなりスペシャルなものでした。

Gateaux au Mars

Mars4c

パータデコールを施したスポンジは粉よりアーモンド粉のほうが多い配合で、口どけがとても良いものです。

中はマンゴーのムース。ピュレを作るところから始めるので時間がかかりますが、マンゴージュースを使うよりも濃厚かと・・・。間に黄桃のスライスが散りばめてあります。

上にはオレンジジュースとグランマルニエのゼリーを流した仕上げで、全体を黄色~橙色の色合いでまとめています。(底のスポンジはココアスポンジ)

バースデーケーキということで、こんなもの↓をのせておきました。

Mars3c


最近、よく使っていたチョコプレートが販売されなくなったので、苦労してます(泣)

プレーンなクッキー生地に、パータデコールで余ったココアの種を塗り広げてから型で抜いて焼き上げたので、表面はマットな感じに仕上がりました。ゼリーの上におくので、防湿のために裏面にコーティングチョコレートを塗ってます。

さて、そんなわけで出来上がりはこちらです。

Mars2c

シンプルなデザインですが、美味しさには太鼓判を押せます。

以上、業務連絡でした~♪

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30