フォト
無料ブログはココログ

« 焼き菓子セット | トップページ | お中元用かすてら »

とうもろこし

先月から同窓会主催の絵画教室(全5回)を受講しに母校に月1度行っております。

うんじゅうねんぶりの「ごきげんよう」を連発する自分自身に若干違和感を感じながらも、この年になると上手いも下手も超越できて、単に楽しく絵を描くという境地に達したことを喜んで描いています。
先月はこの年齢にはちと厳しい課題の「自画像」だったのですが、今月は絵手紙に挑戦したい、という参加者の意見もあり、題材はフェンディングになっていました。
最初は紫陽花描こうかな?と思っていたのですが、庭のない我が家に紫陽花が植わっているわけもなく、川べりに自生する紫陽花を勝手に切って良いものやら、誰かに見られたらどうしようと決心もつきかね、じゃぁ、まぁ、普通にJAで買えるとうもろこしでも描くか、と思っておりました。
JAに寄るつもりが、当日の午前中はご依頼品の制作で時間のゆとりがなく、とてもじゃないけど間に合わない!結局母校に行く途中のスーパーで買い求めたのですが、なんと、いまどきスーパーで売られているとうもろこしって、髭も、外側の皮までもがぎりぎりまで剥かれているんですね?駄目じゃん!
仕方なく、「じゃぁ、皮をむいた状態を描くか・・・」とちょっとがっかりしながら母校のアトリエに行くと、先輩方が私を(正確には私の下げているスーパーの袋を)見て「わ~!ここにも以心伝心」と笑うではありませんか。
私以外にもとうもろこしを用意してきた方がいたばかりか、先生も人数分のとうもろこしを用意されていました♪
そして先生がお持ちくださったとうもろこしはちゃんと外側の葉も髭も健在な、ちゃんとちゃんとのとうもろこしなのでした。
約2時間、みなさん集中して描きます。こんなに集中する時間って、私にとってはかすてらを焼く時以外、今は無いなあ。
久々に同期も4人そろって楽しい時を過ごしました。
さて、絵を描き終わった後、私の手元には先生からいただいた髭つきのとうもろこしと、スーパーで買った髭無し、外葉無しのとうもろこしが2本残りました。夕食時、羊には髭つきのモデルとうもろこし、私はスーパーの立派なとうもろこしをそれぞれレンジでチンして食べましたが、羊は「美味しいねぇ」と言うものの、私のは甘くもジューシーでも無い!
味的にスカのとうもろこしでありました。
スカじゃん!!!
さて、一夜明けて、本日リベンジです。朝一で地元JAに行き並んで買ったとうもろこし!買って帰ってからすぐにレンジでチンであります。
とうもろこし三体
P1030905
上→どうも立体感が変な私のとうもろこし絵図。
左→夕飯時に羊に食べさせるつもりの髭つき土つきとうもろこし
右→このあとすぐに私がかじりついたとうもろこし
とうもろこしの外側の皮や髭は天然のラップなんだから、調理するギリギリまでむかずにおくに限るよね。
ちなみに私は皮は剥ききらず、何枚か残した状態で、500wの電子レンジで2分チンして、上下をかえしてからさらに1分チンして食べます。
今のところ、この方法が一番手早く楽で、美味しくいただけるような気がします。
だから、スーパーの人、お願いだから実が見えるまで皮は剥かんといて!
さて、来月の課題は先生がご用意くださるとのこと。
何を描くのか、今から楽しみです♪

« 焼き菓子セット | トップページ | お中元用かすてら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/56646545

この記事へのトラックバック一覧です: とうもろこし:

« 焼き菓子セット | トップページ | お中元用かすてら »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30