フォト
無料ブログはココログ

« ムーア人の頭という名前の菓子 | トップページ | 速報! »

かすてら頂上決戦前&銀座でお茶

今日はこれから登戸で篁流かすてら会の秋の品評会です。

今回は先生おひとりが審査をなさる、「2014年度ベスト1かすてら」を選ぶという、初めての試み。
いわば篁流かすてら会の頂上決戦なわけで、この日のために私も夏からせっせと通ってかすてらを焼いておりました。
で、金曜日に出品作を焼いたわけです。
・・・・・・・・・・・・。
種も「これだ!」という良いものが出来、泡切も2回目までは完璧。
そして3回目の泡切時に「好事魔多し」の言葉どおり、やっちまいました。
底の冷えた生地の一部を上に持ち上げてしまったようで、焼き色つけの段階で、端に山脈(生地のムラ)が出来ました。
そのほかはほぼ完璧、と思える状態だったので「このままこれを出すか」とも思ったのですが(その選択もアリでした。)気を取り直してもう1枚焼くことに。
1枚目がテニスでいうファーストサーブなら2枚目はセカンドサーブといった内容のかすてら。
一番自分に合っているオーブンにはファーストサーブのかすてらが入っているので、ちょっと苦手にしている火力が少し強めのオーブンに投入したことと、のんびりやっていると午後から予約の方に迷惑がかかるので時短の焼き方にしたせいで、出来上がりはやはり1枚目より劣る出来になりました。
でも自分としては全力を出して納得した結果なので、これで良しとしました。
セカンドサーブとしてはまぁまぁの出来上がりです。
とても良い出来だったけれど、表面の傷が出来たファーストサーブのほうに庖丁を入れてみると改めて本当に良い出来だったなぁと・・・・実感。
こちらはまっぷたつにカットして箱に入れ、この後会う二人へのお土産といたしました。
自分なりに最高の出来、と思えるかすてらを閣下とBABIという二人の親友へ貢げるならそれも良いや!というさばさばした気持ちで待ち合わせの銀座へGO。
今回銀座で私がセレクトしたお店は銀座1丁目のポーラビル2Fにある「HIGASHIYA 銀座」というお茶と和菓子のおしゃれなお店です。
ここの和風の「アフタヌーンティ」なるものを予約しておりました。
お茶三煎目までお店の方が淹れてくれます。
ご飯ものはこの日は銀杏ごはんで、小さくむすんであります。
お菓子は小さい「ひと口果子」と生菓子、そしてカカオカステラ、豆かんというラインナップ。
3人でお味見できるようひと口果子と生菓子は3種類を2等分してくれていたので、いろいろな組み合わせで楽しめました。
お茶も美味しくいただけたし、なによりゆったりした空間でゆっくりおしゃべりできるのが良かったです。銀座で2時間半ゆっくりお茶できるなら2100円というお値段は安いほうかと思います。
けっこうお腹もふくれます。
ただ、ご飯ものにはお漬物がつくのですが、それを食べ終わっちゃうとあとは甘いものだけになるので、ちょっとした塩味のものが欲しいなぁ。
甘味屋さんのお汁粉に付く塩こぶみたいなのがあれば良いのに。
しみじみと日本茶を飲みお菓子を食べるほうが似合うお年頃になった私達。
ゆっくり銀座でお茶・・という時に良いお店でした。
ちなみになぜこの店を知ったかというと、カタギのお仕事でHPのリニューアルにあたりクリエーターさんと打ち合わせのときにイメージを伝えるため、あちこちを覗いていてみつけました。
ここのお店をやっている会社「㈱SIMPLICITY」のサイトデザインをやったWEBデザイナー「GLIDE ARTS STUDIO」という熊本の会社のデザインはすごいよ~。
ここが手掛けたお店なりお宿なり病院なり、みんな行きたくなってくる!(ちなみにカタギのお仕事で参考にしたのはここが手掛けた有価物回収業の会社のサイトです♪)なにかのご参考までに。
さて、ではこれからかすてら頂上決戦会場へ行ってきます。

« ムーア人の頭という名前の菓子 | トップページ | 速報! »

「かすてら」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/57445326

この記事へのトラックバック一覧です: かすてら頂上決戦前&銀座でお茶:

« ムーア人の頭という名前の菓子 | トップページ | 速報! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30