フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

りんごの美味しさがストレートに

木村リンゴ園さんから追加でさらに頼んだのに、冷蔵庫の中の紅玉りんごは今週末のご依頼品で終了してしまいます。

羊のアップルパイ用に残したりんごも数を減らして、円形ではなくフランス式のアップルパイに変更せねばなりますまい。

あんなにあったのになぁ・・・・。

まだリンゴが潤沢にあると思い込んでいた日に自分の練習用に作りました。

アプフェルシュトルゥデルです。

141023


下に敷いた布の柄が透けるくらい薄く延ばしたところに、生のりんごをいちょう切りにしたものとレーズンとケーキクラムなんかを合わせたフィリングを置いて、ゴロンゴロンと巻いていきます。

この生地をのばす作業がメンドクサクて面白いです。

自分撮りは絶対できない生地をのばす作業はこんな感じ。レッスン時に生徒さんがやるのをとらしてもらいました。

141027


最初はこんなふうに手をぐーにして手の甲で伸ばしていきます。

巻き終わってから二つに分けて端を処理すると↓のようになりますが・・・。

141023b

通常この姿をモスラと言っておりますが、姉とか一部わかるひとは「ああ、ラザロね」と言ってます。(イエス様ごめんなさい。)

141023c

表面にバターをたっぷり塗って焼き上げると、こんな感じ。

外側の薄い生地はパリパリハラハラで中身は生だったリンゴがすっかり柔らかくなってトロトロになっています。この状態で食べるととても美味しいのですが、とても切り分けずらいです。

↓は一晩おいて冷めた状態のものです。このままでも美味しいですが、もう一回温めなおして食べたほうがより美味しいかも。

P1040106

りんごのお菓子はどれもリンゴ自体が美味しくないとダメなんだけれど、このアプフェルシュトルゥデルは特にりんごの味がストレートに出るので、実の固いしっかりしたすっぱいりんごでないとね。

そんなわけで、今年も木村リンゴ園さんのりんご、堪能させてもらいました。

今年はお楽しみとして11月下旬に「あおり25」もお願いしているので、もう一回りんごのお菓子を楽しめます♪

可愛い子ちゃんずⅢ

カタギの職場のYUKA姐さんセレクトの可愛い子ちゃんずシリーズの第三弾!

P1040108

うへへへ・・かわいいでしょ?

名古屋にある浪越軒さんの水族館シリーズです。

説明するまでもなく、左がシロクマ、右がアザラシね。

で、この水族館シリーズは全12種類。

20141022154643_deco


どれがなんだかわかるかなぁ?

職場でちょっと、いや、かなり癒されました。

YUKA姐さん、いつもありがとうございます。

東坡肉(トウロンポウ)もしくは

お久しぶりにレッスンにいらしたベテラン午後のSさんに、先行で12月のクリスマスレッスンの課題にしようと思っているケーキを作ってもらいました。

出来上がってカットした姿に私が思い浮かべたのは・・・。

ほら、あの故宮博物館展のときに話題になった・・・アレ。

肉形石を思い浮かべてしまったのだわ。

ガトー・オペラ

P1040088

正式にいえばガトーオペラではないのですが、まあ、便宜上ガトーオペラと言ってしまってます。

全部で9層。

スポンジはコーヒーのとショコラ生地の二種類を交互に重ねています。クリーム類はコーヒークリームとチョコレートがナッシュとホイップクリームとコーティングチョコレートの4種。これらをブランデーを利かせたシロップとともにひたすら重ねていくわけです。

ま、重ねるのはそんなに難しくはないです。

カットするのが大変。

今回は正方形に近い形でカットしましたが、そうするとトウロンポウ感が増すので、レッスン時は細長い形にカットしてもらおうかと思います。

細長くカットすればカットしたで「千波地層切断面」みたいなんだけどね。お味は当然ながら洋酒が利いて大人の味ですこぶる美味い!

今週末には

台風は夜のうちに行ってしまったようで良かったですね。

この時期に台風が来ると気が気じゃありません。毎度、台風の進路の先に青森県の黒石あたりが入っていないか心配してます。

今回も大丈夫かなぁ~?

台風襲来直前に木村リンゴ園さんから14日出荷のお知らせが来ました。紅玉第一陣がやってきます。今年は11月半ば過ぎにあおり25もひと箱お願いしてあるので、あおり25を使ったドイツ風りんごのケーキの頒布も出来るかも。(バターが確保できればの話ですけど)。

こんなのとか・・・

071021a

いつものコレ・・とか
131012bc

あれや
Aorid1c

これや

Apfel1c

おまけに
121030b

たまには
Appfelkuchen3c

なぁんてね。

さて、レッスンも週末から各回満席が続くし忙しくなるぞ~。

菓子屋のハンバーグ

焼き菓子倶楽部、秋の部が無事に終了。

そうなるととたんに暇になります。メリハリがあるといえば聞こえがいいけど、週末にむけてハチャメチャに頑張った後は抜け殻。

羊は「今日くらいゆっくりするように」と言い残して仕事へ行ってしまったし、無駄にバターを使いたくないので試作も出来ず昨日は一日をぼんやり過ごしてしまいました。

そんなわけで夕飯くらいはまともに作るかと思い立ち、久々のハンバーグ。

P1040078

うちは玉ねぎは炒める派です。

で、何が菓子屋のハンバーグなのかというと、菓子作りで半端に余った材料とか入れちゃうから。たまにパン粉がないときにカステラの切れ端をいれちゃうこともある!

今回は玉ねぎと一緒に刻んだクルミも炒めました。あと、焼き菓子倶楽部で余ったラムレーズンも入れちゃう。

サイドディッシュはこちら↓

P1040080

地元JAで購入したばかりの秋茄子と甘長唐辛子をにんにくを利かせたオリーブオイルで炒めたものと、さつまいものレモン煮。

ここでも焼き菓子倶楽部で余らせたレモンが活躍。あと、マジパンのバラを乾かすときに使った粉砂糖も投入~!

で、肝心のハンバーグは↓。見た目は普通であります。

P1040079

でもね、食べると中に加えたクルミの歯ごたえがあって、これがなかなかイケるのよ♪

ところどころに埋まっているラムレーズンもちょっとうれしい。

さて、今夜から台風来襲の予報。私は本日カタギのお仕事ですので1時間早く出勤して、1時間早く帰ろうと思っています。

明日は無理しない大人な対応する予定。

皆様もお気を付け下さいね。

混乱と収束

連戦の疲れで試合途中に臀部をマッサージされる錦織選手の姿にわが身を重ねる・・・。

焼き菓子倶楽部、前半戦終了です。

今までの焼き菓子は事前に作って寝かせる必要のあるものが多かったのですが、今回は一気に作って配送までこなさなければならなかったので、3日間に作業が集中してきつかったです。

私が菓子作りが好きなのは甘いものが好きだから・・・・ではなく、実は「混乱(拡散)と収束」というプロセスが好きだからなんじゃないかと思います。

ひとつのケーキを構成する各パーツごと、すべての材料がケーキという形で収束していくプロセスから、梱包用の箱やら包装紙、コメントカード、配送伝票といったものがとっちらかった状態から配送品という形に収束していくプロセス、そうした「混乱→収束」を短期間に一気にやり遂げたので満足感はあります。

まぁ、すべての作業を終えてふと家の中をみると、いろいろととっ散らかっていて、あらたな混乱が生まれているので今日は掃除に励まねばなりますまい。

決して安くはない小さなケーキをいつも楽しみにしてくださる焼き菓子倶楽部会員の皆様、ありがとうございます。

今回のフルフトケーゼトルテは、常温でのお届けですが召し上がるときは冷たいほうが美味しいので、冷蔵庫で冷やして召し上がってみてください。

ただし、冷蔵庫内は乾燥しやすいのでそこは注意してね。乾燥しちゃうと土台のスポンジがパサパサになってしまいますからね~。

今週末の後半戦は準備期間があるので、事前準備をしっかりしてゆとりを持って臨みたいと思います。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30