フォト
無料ブログはココログ

« 風のルージュとケークサレ | トップページ | 春色エクレア »

「田酒」から「ど」そして「鳥海山」

いつも遠出をしてくださるkanさんに合わせて、私たちが出向こうということで、初の多摩川越えで集まりました。

新年会でございます。

当日、私は午後にレッスンを抱えておりましたので、0次会からの参加はならず、1次会からの参加でありました。場所は日本酒が美味しいとkanさんがセレクトしてくださったお店の中からteruさんが決定してくださいました。

おやじの聖地「新橋」!でも週末は若い方のほうが多かったような気がします。烏森口からすぐのところにある「野崎酒店」ですでに「とりビー」を終えたさんぱちさんたちにあまり遅れることなく合流できました。

頼んでいただいていた肴はどれも美味しくて、大満足。

そして壁一面に貼られた日本酒の銘柄、メニューに並ぶ地酒のアレコレ。日本酒って名前を見るだけでも作られたその土地の風景が浮かぶようで楽しいですよね。

そんな日本酒の名前が一番の肴だったりもいたします。

私がいただいたのは「田酒」「ど」(にごり発泡酒)「鳥海山」の3杯。

そう、すべて秋田のお酒であります。肴の盛り合わせにハタハタがあったのですが、秋田のお酒を飲んでいたせいかことのほかこのハタハタを炙ったものが美味しかったなぁ。「鳥海山」は初めてのんだのですが、コレ、私の好みかもしれない。しっかりとコクのある、でもキレもあるお酒でした。近所の地酒の品揃えがぴか一の酒屋さんで探してみようっと。

さんぱちさんも直球勝負のセレクトで「田酒」「真澄」「南部美人」という流れだったかな。kanさんは「獺祭」から「野崎酒店」(PB酒)という流れ。で、teruさんが頼むものだけ私の知らない銘柄だったなぁ。teruさんが注文するお酒がことごとく品切れしてたこともあって、teruさんの真の狙いが(ってほど大げさのもんじゃないか?)わからず残念!純米酒に統一してたんだっけ?

他力本願でもうしわけないのですが、肴の画像はいち早くブログUPしてくれたkanさんのところでご覧ください。なにしろレッスン後で荷物が多かったためカメラはもたず。

っていうか、お酒を飲むとき&どなたかとご一緒の時はめんどくさくって写真は撮らないの。

で、会は盛り上がったのか?というと、このメンバーは常に聞き役にまわるタイプの人たちなので主に私とさんぱちさんがしゃべってた…感じ?kanさんはいつもニコニコ微笑んでるしteruさんもランニングで絞った体で物静かな佇まいだしね。口角泡を飛ばす・・・という居酒屋の喧騒とは別の楽しみ方をしておりました。賑やかなのも楽しいけど、こうした穏やかな飲み会も私は好きです。

たわいもない会話をはさみながら、美味しいお酒をいただいて、美味しい肴を食し、時間が来たらササッと引き上げる潔さよさもこの会の特徴で、なんと8時半には〆のお蕎麦を頂戴して帰路につきました。9時台に家に帰ったので羊が驚いていましたっけ。ある意味体にも、時間にも負担のかからない飲み会で、こういうのは主婦(いちおう主婦なんだわ、ワタシ)に向いてるかも。

楽しいうれしいお土産交換会もこの会のお約束で、「もう負担だから止めよう!」とは誰も言い出さない習慣です。こちらも画像はkanさんのところをご覧ください。

kanさんからは紀の善の抹茶ババロアを頂戴しました。(きっとこれもそのうちさんぱちさんかteruさんが写真をアップしてくれるにちがいない。)抹茶がきいていてほろ苦いむっちりしたババロアで美味しかったです。なにより0次会の甘味処に行きそびれた私のために「甘味ものにした」というお心に感謝です。こういうところがkanさんの素敵なところなのよね。

さんぱちさんから頂戴した秦野の落花生は羊が「これ、なんかちがう。美味しい!」と大変喜んであっという間に食べ終わりました。ご馳走様でした。羊から「来年もコレにして」とリクエストが入っております。(ずーずーしい、さんぱちさんはアタシのお友達なんだからね。)

teruさんから頂戴した全粒粉入りのクリームサンドビスケットは、個別包装になっていたので寒い寒い代官山の事務所の越冬おやつとなりました。みんなで分け合って食べました。ご馳走様です。オプションのお土産のほうはまだ手を付けておりませんが、大変たのしみであります。

私からのお土産はコーヒー味と苺フレーバーのクッキーと3月のレッスンでとりあげる焼き菓子、コンヴェルサシオンでした。

写真撮りで作ったものを始末(?!)してもらいたかったので急遽追加でお土産入りしたものです。(笑)

コンヴェルサシオン

Conve1c

お付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。

Wワークしている関係でなかなか休みがなく、お付き合いできる日も限られてしまうのですが、無理のない範囲でまた参加させてくださいませ。

« 風のルージュとケークサレ | トップページ | 春色エクレア »

「お酒」カテゴリの記事

コメント

多摩川越えてのオトナの飲み会、いいですねー!
バカ飲みしてた若いころの自分を思うと
オトナの飲み方を教え諭したいです。
荒川越えてこちらへいらっしゃるご予定があったら
いつでもお声をおかけください(笑)

レフアさん
若い頃は私も本当にろくな飲み方してなかったです。お酒に謝りたい!
プリンを肴に大吟醸とか、訳がわからんことしてました。
やっと今は美味しいものを美味しくいただくために適量を機嫌良く飲むという姿勢が保てるようになりました。
荒川、たまに越えているけど、下流越えなので越えた先はまだ東京都(羊実家)。今度は是非とも越境したい!

ビール飲んでしまった自分はちょっと負けた気がしますが、おいしくて楽しかったですー。落花生、羊さんにも喜んでいただけたなんて光栄です。次回より、集まることが決まったら、大山に登らなければならないという使命感が・・・汗・・・

おつかれさまでした~

お土産は他の候補もありましたが、小分けとかしてくれそうもない店のもので したので、やめときました。

さんぱちさまがにっきさまへのお土産にと考えてらした揚げまんじゅう売り切れが残念でしたね。

お酒がまったく飲めずに、最近は特にお酒で苦しむ私なので(笑)
こんなオトナ飲みが大変うらやましいです!!
紀の善抹茶ババロア、懐かしい・・・・昔、愚痴りたくなると他フロアの先輩の
ところに下りていって
「センパイ、今日帰り時間ありますか?」ってよく連れてってもらいました!
釜飯も最高に美味しいです^^蓋を開けた時のおだしの香りがたまりません!

>さんぱちさん

聞かなかったけど、皆さんも「とりビー」スタートだったのかな?
やはり、ビールでも飲みながらゆっくりお酒のラインナップを俯瞰するというのが大人のたしなみってやつでしょうか?
羊曰く、いただいたピーナッツは薄皮が薄い、とのことでした。
新鮮だとやはり違うんでしょうね。またヨロシク。

>kanさん

紀の善、そういえば食べたことなかったので、うれしかったです。
今年はどっぷり餡子路線に走りそうです。
バター買えないしサ。
またよろしくお願いいたします。


>chikonokoちゃん

chikonokoちゃんにとったら神楽坂はホームでしょ?
いつか案内してもらおうと思っていたのですが、旦那様とワンちゃんにchikonokoちゃんをとられた・・・。
神楽坂、なかなか敷居が高い町だなぁと思ってしまうのよ。
代官山で「甘味処」は夢のまた夢。
甘味処で愚痴をこぼすなんて、なんて正統派の女子なの~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/269490/58701675

この記事へのトラックバック一覧です: 「田酒」から「ど」そして「鳥海山」:

« 風のルージュとケークサレ | トップページ | 春色エクレア »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30