フォト
無料ブログはココログ

散歩

相模線に乗って

今年の合宿の候補地の一つとして視察してきました。

・・・今年はわけあって遠出はいたしません。神奈川近辺を候補地として探しております。ここは2日目のお昼にどうよ?と思っております。

P1040406

合宿参加者の多くはそれぞれの自宅からとってもお近くのはずですが、私と閣下にとってはプチ旅行気分になるかと思います。

そんなわけで本日、羊連れで相模線に初めて乗りました。小田急線を使って中央林間から相模大野に出て海老名で相模線に乗り換えです。

いや・・・・乗降の際には自分で扉の横のボタンを押さないと扉が開かないんだね。(汗)車窓から見える景色は意外と平坦で、ただっ広く、大きな工場とかが多くて、風光明媚とは言えませんが、宮山駅と寒川駅の間に見える寒川神社のお社と立派な参道は圧巻でした。この地域に合宿を誘致した暁には絶対に寒川神社にお参りに行こうと思います。

なにせ、相模の国一の宮で全国で唯一の「八方除」の神社ですもの。いろいろ良い「気」がいただけそうではありませんか。よし、合宿2日目は寒川神社にお参りしてから、本命のこちらに参りましょう。

P1040405

香川駅は小さい駅ですが、こんなハイキングマップが駅に掲げてありました。茅ヶ崎市のHPを見ると、この駅から出ているコミュニケーションバス「えぼし号」をつかったお手軽観光コースも載っています。(メンバーの方々、ご確認を。)

さて、細い道なのに車がバンバン走っていますが駅からは5分程度で目的地の熊澤酒造さんに到着です。

P1040409

食事の予約時間まで少しあったので、「okeba」と呼ばれるギャラリーとショップを先に見学です。もともとは「桶場」。酒作りに使う桶を作ったり修理したりする場所だったそうです。今はこんな趣のあるお店になっています。

P1040410


ショップでは作家ものの陶器や木製品、ガラスの器やアクセサリーが売られています。

中は意外と広くて、ギャラリーでは現在、ビーチグラスを使った作品の展示が行われていました。合宿のころは手作りの帽子を作られる黒田真琴さんの個展が開かれている模様。

ギャラリー内部をお店の方に許可をいただいてちょっと撮ってみました。

P1040412


左手の階段をのぼっていくと上にも小さなギャラリーと、古本の絵本を並べた小部屋があります。

P1040411

ここは時間をとられそう。あれやこれや小さな買い物をしちゃいそうですな。

かくいう私も今回ケーキの撮影用の陶器のお皿を買っちゃいました。

さて、そんなことをしているうちにレストランの予約時間となりました。敷地内には熊澤酒造が誇る銘酒「天青」の名を冠した蔵元料理の店「天青」と湘南ビールを楽しめるトラットリア「MOKICHI TRATTORIA」がありますが、今回は「MOKICHI」のほうをセレクト。

P1040413


この入口の扉に一瞬ビビりますが、自動ドアです(笑)。中に入れば意外とカジュアル&フレンドリー。

天気の悪い平日の昼間だというのに、そしてこんなに辺鄙な場所だというのに、かなりな賑わい。どこから湧いたのか?といぶかしがる羊。ただ店内はとても広いので直前でも予約が取れないってことはないと思うんだけどね。

さて、さて、湘南ビールですよ♪

P1040414


羊がピルスナータイプを頼んだので、私は赤褐色の「アルト」を頼んでみました。香りが良くって飲みやすいです。今日はなんだか肌寒かったのでビールはこのショートグラスだけにして、その後「天青飲み比べセット」を頼みました。

P1040416


小さなグラスに少しずつ入ってくるのかと思えば、結構な容量のグラスにたっぷり入ってきました。「私も頼む~」と言って二人分頼まなくって良かったヨ。これをチビチビ二人で飲み比べでございます。

お料理は私が平日ランチコースを、羊はステーキセットを頼んでみました。

ステーキセットのほうはボウルにたっぷりの野菜サラダが供され、ランチコースのほうは前菜の盛り合わせでした。

P1040415

グラスに入っているのはトマトとモッツァレラチーズで、このチーズがしっかりしてました。右手がレバーペーストだと思うのですが、(前菜の説明がなかったので今一つ自信がない)これまたしっかりした味わいで高評価です。左のがポン酢のジュレがかかったエノキダケとイカだと思います。(自信がないっす。)

P1040417


マッシュルームのスープをいただいて、メインはお肉を選択。豚のフィレ肉のローストにマンゴーとマスタードのソースがかかったもの。このソースが甘酸っぱくてインパクトがありました。羊の食べてるステーキがうまそうだったなぁ。

P1040418

コース料理のほうがデザートは豪華なのかも。バニラアイスクリームにレモンタルトのプレートでした。羊のほうは桜のパウンドケーキとパンナコッタのプレート。(しかし、私は羊に毎度「パンナコッタとプリンとどう違うの?」と質問されている気がする。)コーヒーも美味しかったです。

食事で出されたパンは同じ敷地内で焼かれているベーカリーのもので、これがどれも美味しかったのよ。

お土産に買って帰りたければ買えます。中を覗くとテーブルパンだけでなくデニッシュ類もあるみたい。あんパンもあるらしい。ツタの絡まる古めかしい建物ですが、中では可愛いお姉さんが接客してました。

P1040408

お天気も下り坂だったので、今回は視察はここだけにとどめたのですが、合宿二日目のプランにいかがでしょうか?

ヤマダトラベルからの提案は「寒川神社参詣と厄を落とした後のビール三昧で〆て解散」プランです。

閣下と私はそのあと相模線で、閣下は橋本経由で、私は海老名経由で帰路につけばよいかと思います。

本日は茅ヶ崎へ出て藤沢から小田急線で中央林間まで戻りましたが、快速特急に乗ったら思いのほか早く帰りつけました。香川駅から1時間で地元駅まで。

案外近かったのでまた羊を連れていきたいな。今度はお天気が良くって気温の高い、ビール日和の日を選ぼう。

アーティチョーク

サーマータイム、日本でも導入してもらえないものでしょうかねぇ・・・。現在、個人レベルでサマータイムに突入。

なにしろ濱チベットは、啼く鳥に不自由はないので、夜明けとともに綺麗な小鳥のさえずりから、オナガの「ゲゲェ~ウゲゲェ~」という声まで、とにかく賑やか。夏は窓を開けているので、まずその声で目が覚め、東向きの部屋は日の出と同時に明るくなるので、完全覚醒となります。そんなわけで4時~4時半起床。寝不足になるので、どんどん就寝時間も早くなり、多分夜10時には意識が遠のいているもよう。

世間もサマータイム導入してくれていれば夜11時就寝、朝5時半起床は十分アリでしょう?私個人がサマータイムに突入している今、この睡眠時間帯のズレは「歳をとった証拠」として他人様には誤解されてしまうのです。ちッ。

夏は涼しい朝のうちにこうしてブログを書いたり、HPの更新作業をしたり、メールにお返事書いたり、帳簿をつけたりできるので有効なんですけどね。

さて、そんな早起きの年寄りの散歩ネタ。

アーティチョークですぜ、akikoさん!(でも、akikoさんの写真のアーティチョークとはちがうなぁ・・・。もしやコレはちがう種類か?akikoさんのとこのはいかにも肉厚で美味しそうでした。皆様、まちがっていたらごめんなさい。)

Cimg4163

Cimg4162 

子供の頃、父がくれたティファニーのテーブルマナー本(あのティファニーが「ティファニーで朝食を」の映画を受けて作ったらしい。イラストがしゃれたすごく粋な本です。)にアーティチョークを供されたときの食べ方が載っていて、子供心に驚愕したものです。さすがにいまだかつて、ボイルしただけの鬼あざみがドンっとお皿にのった状態で出合ったことはありません。ちゃんと食べやすく美味しく料理したのは食べたけど。

畑のすみに植えられているアーティチョークは今、綺麗に紫色の花を咲かせています。和名「鬼あざみ」と言われるだけあって、とても大きな花だし、茎も太いし葉もデカイ。コレをちゃんと農家さんは収穫するのでしょうか?2,3年前に畑一面アーティチョークを植えてた農家さんもあったのですが、収穫には至らなかったもようです。

作ったはいいが、買い手がいなかった・・・?もしくは食べ方がわからなかった?

今回発見した畑では数株程度です。田園都市線沿線のおされなフレンチレストランとかが契約栽培でもさせているのかな。謎です。そのうち地元JAで普通に売られていたりして。

さて、そんな人様の畑のものには手をつけるわけにはまいりませんが、川沿いの土手に自生するコチラは自由に収穫させていただきます。

Cimg4161

ちっちゃい木苺。春先から川沿いのどこに今年は多く花をつけたかチェックしていました。今年は昨年とはちがう場所に大きな籔を形成してくれていました。今年は早朝羊をお供に2日にわけて収穫しました。現在冷凍中。多分、今日もう一度収穫できると思うので、今日の収穫分と合わせてジャムを作ります。ほんのちょびっとしかとれない貴重なジャムは、マカロンに使う予定です。

1年に一度のお楽しみ♪

酔芙蓉の花が咲いてる

多分、夏バテ。私同様、今頃調子を崩している方も多いように思います。気付いたら、胃腸の調子が悪くなってました。夏の間、冷たいものばかり飲んでいたものね。

食事を作る側は常に自分の体調に合わせて作る。だから女の人のほうが長生きなのよね、と以前職場の新婚男性にその話をしたら、「え?ダンナさんにコレを食べさせたい、あれを食べさせたい、って思って献立を考えるんじゃないの?」と言われた。

新婚の夢を壊してゴメン。

少なくとも自分の体調が悪い、と気付いたときの献立は、常に自分中心だ。そんなの当たり前田のクラッカーだい!(あ、やんぐぴーぷるにはわからない言葉だったっけ。)

たっぷりの生姜とネギ、鶏の手羽中をごま油で炒めて酒を加えたスープにワンタンを加えたものだの、萎えた気分に喝を入れるキムチだの、普段は自分がキライで食卓にのせない納豆をたっぷりのキャベツで和えたものなど、そういう自分中心のさっぱり系の献立が続いた。なに、私の体調が悪いときは羊だってきっとご馳走を食べる気分ではなかろう。うちでは地動説がまかり通っているんだい。

さて、食べ物だけに頼っていてはいかん、とサボっていた早朝散歩にもでかけてみました。ひさびさの散歩道はすっかり秋の気配です。

朝顔っていうのも俳句では「秋」の季語だったと思います。青い花はどこか寂しげ(まるで儚いワタシのようだ)

Cimg3413

小紫式部は白と紫が交互に植えられていて綺麗です。

Cimg3411

そして、酔芙蓉の花が咲いていました。カナブン君が朝ごはん中です。

Cimg3415

早朝なので、花は白ですが、この芙蓉は午後になるにつれて、だんだんピンク色に染まっていきます。まるでお酒に酔って赤くなってしまうみたい。昼酒は効きますものね。そして翌朝にはこんなに赤くなってしぼんてしまうのですよ。

Cimg3416

ああ、飲みすぎ注意だわよね(違!)

栗のイガはまだ綺麗な緑ですが、この涼しさ・・・。

Cimg3417

すっかり空気は秋のものに代わってしまいましたね。

数日間に渡るワタシの体調回復食と散歩&すっきりした秋の空気で、かなり体調も回復してきました。

で、昨日は仕事帰りに生麦にある麒麟のビール工場にちーさんとさばさんとお出かけして、冷たいビールを3杯も飲んでしまいましたとさ。楽しかったので、体調はばっちりOK。その楽しかったお話はまた後日。

あけびの花

ここのところ、朝になると近隣のお花が「見に来てよぉ~」と誘いにくるので忙しい。

今日はあけびの花が呼びに来た。

Cimg2969

Cimg2971

この時期になると咲く、この花がなんの花かわからなかったとき、大久保画伯に教えて貰った、五葉あけびの花。咲くのを指折り数えて待ってました。

Cimg2972

これは花梨の花。これも蕾のときから咲くのを待ってました。

その昔、母がやっと咲いた花を見て「待ってた花が咲くのは嬉しいわねぇ」と割と柄にもなく言った言葉を思い出します。

待ってた花が咲くのは嬉しい・・・。本当に!

Cimg2974

田植え前の田圃ではれんげの花が花盛り。そして今週末はうちのちかくで青葉チューリップ祭りが行われる予定です。

Cimg2979

確かに、満開です。綺麗よぉ~。

パン屋散歩

花を愛でながらの散歩が花散歩ならパン屋さんを目指しての散歩は「パン屋散歩」でいいんだろうなぁ、きっと。

というわけで日曜日の午後、羊の放牧を兼ねてはじめてのパン屋さんを訪ねてきました。しばらくお休みしていたteruさんのブログに紹介されていたちいさなちいさなアトリエです。

ラトリエ28番地・・・横浜市青葉区つつじヶ丘28-32

この日は朝からワタシは登戸の教室にかすてらを焼きに行っていたので、羊にここの住所だけを伝えて、どのルートを通って散歩するか決めておいてもらいました。こういうとき方向音痴ではない羊を連れていくと便利です♪

うちから藤が丘経由、青葉台方面にむけて約40分のところにありました。可愛い黄色のおうちです。ご自宅を兼ねているのでしょうね。お庭には普通に洗濯物が干してありました。

Cimg2928

扉を開けるといきなり左手にショーケースがあって、お母さんが立っています。あまりの近さにちょっとたじろぐ私達。teruさんがブログに、遅くいくと売り切れてますよと書いていてくれたとおり、午後2時過ぎでしたが売り切れているのがいくつもありました。パンも美味しそうだけれど焼き菓子や生菓子(この日はすでにシュークリームだけでしたが)も置いているのね。

Cimg2930

私達が購入したのはこのブルーベリーがぎっしり入ったブルーベリーブレッドと

Cimg2929

焼き菓子2種。右がエガディナーヌッストルテと左側がお店のオリジナルのタルトレット。中にブルーベリージャムが仕込んであって上にはプルーンがのっています。サクサクのタルトレット生地が美味しかったです。羊さんのエガディナーのほうも齧らせてもらったけど丁寧な作りで美味しい。パンもブルーベリーの酸味が効いていて、なかなか良い感じでした。

家の近くにあったら毎日寄って散財しそうです。

徒歩40分というところにあって、良かったというべきか残念というべきか・・・。

パン屋散歩にはもってこいのお店です。teruさんご紹介、どうもありがとうございました。詳しい場所はteruさんのブログを参照してくださいね。

一度行ったから、私は行けるけどその道筋を人に説明する能力までは天から授けられていないのよ、残念ながら。 

花散歩

いつもどおりに朝、羊さんを送り出してから、洗濯機をまわしていたら、なんだか胸がザワザワした。子供の時、勉強中なのに友だちが「遊びに行こうよぉ」と誘いに来た時みたいだ。

そのザワザワは次第に「散歩散歩散歩!」という声にかわり、私をせかすので仕方なしに洗濯機をまわしっぱなしにして久方ぶりの朝の散歩に出かけた。

濱チベットは都心や濱ボンベイに比べて気温が低いので、桜はまだ1分も咲いていない。だから私を誘いにきたのは桜が咲いちゃうと忘れられちゃいそうなその他の花でした。私の散歩の道ぞいに咲いていた花たちをその順番でご紹介。

皆さんも春の散歩をお楽しみください。

Cimg2931

Cimg2932

Cimg2933

Cimg2934

Cimg2935

Cimg2936

Cimg2938

Cimg2940

Cimg2941

Cimg2942

みんなこんなに綺麗に咲いていたんだね。「しばらく見に来れなくてお母さんが悪かった、ごめんよ。 」とつぶやいてみた。

私を今日、誘いに来たのはこの子達でした。

絵のハナシ

私が毎朝ウォーキングにでかける道筋は、鶴見川の上流、ここらでは谷本川と呼ばれる川沿いです。

Cimg2362

で、ここを描いたのがいまのところ私の最後の油絵になりました。

Cimg2266

父が闘病中で感染防止の為に家から一切出られなくなった頃で、外に出られない父のかわりに絵の中で父を散歩に連れ出しました。

Cimg2267

ついでに羊さんと小猿君も姿をかえて描き足して・・・。

Cimg2268

ちなみに釣りをするのが羊さんで、傍らにいる子犬が小猿君です。この絵は今は実家の父の仏壇がある部屋に置きっぱなし。

一番上の甥っ子や姪っ子に「アタシはどこに描いてあるんだ」と責められたけれど、絵を描くというのはこういう楽しみもあるんだな、と実感した一枚です。どうせ素人なんだし、いろいろ好きに遊べばよかったんだな、と最後の一枚にして思ったわけ。

羊さんとも職人の山さんとも出会うずっと前、与之吉さんの奥方様やさばさん、ペルシャ猫の閣下なんかと絵を描いていたころの私はもっとなんか身構えていた気がします。その頃の絵で一枚だけ残っているのがこれ。

Cimg2363

ひとりよがりの絵だけれど、でもこの年齢でしか描けなかった絵なので、今でもこれだけは残しています。だんだん年齢を重ね、性格もかなり丸く、いいかげんになって、描く絵も変わってきました。羊さんと暮らすようになってその傾向はさらに強まり題材も人物から風景へ。

Cimg2364

これは横浜線の菊名駅のホームから見える風景なんだけど、展覧会に出したときも「ヨーロッパですか?」と聞かれた。「いや、菊名なんです」と答えるのも憚られるほど、現実の風景とは乖離した絵。中学生の頃から教会を描けば「賛美歌ではなくシャンソンが聞こえそう」と言われ、デッサンもヘタくそで、そういうことにちょっとコンプレックスがあったので、いいかげん歳をとって、開き直って好きに描けるようになったことは素直に嬉しい。

それと同時に、もう絵を描かなくてもやっていけそうな自分になっていて自然と絵からは離れてしまった。絵を描くことが随分長いこと私の支えだったんだなぁ・・・とちょっとしんみり思うこのごろ。

ま、今はこういうことに充分役立っていますけど。

Cimg2367

朝の30分

とりあえず、3日坊主だけは免れております。夏休みの日課、朝の30分のワォーキング。日傘を持ってのワォーキングって?とは思うけれど、7時前とはいえ、だいぶ日差しも強まる時間帯なのよ。

川沿いのサイクリングロードを上流に向かい、細い人道橋を渡ると、農家さんの畑沿いにせせらぎの小道と称する遊歩道があります。

Cimg2285

遊歩道にもいろいろな植物が植わっているのだけれど、楽しいのは隣接する畑。こんな瓢箪が成っていたり

Cimg2283

遊歩道との垣根越しには「五つ葉あけび」がからまっていたりします。

Cimg2296

昨日は雨上がりだったので、里芋の葉っぱに水滴が残っていました。

Cimg2298

足元にコロンと青い栗が落ちていました。

Cimg2297

見上げると栗がもうたわわに実っています。少しずつ季節は秋へと移っているんですね。暑いのはもうイイヤ、と思っているけれど夏が終わっていくのはやはり寂しいものがあります。

Cimg2300

畑の隅にワレモコウが赤くなっていました。明日から羊と一緒に職人の山サンを迎えがてら、裏磐梯に行ってきます。あちらはもっと秋の気配が感じられるのだろうなぁ。

夏休み、楽しんできます。

GWってこんなものね

百貨店の売り場勤務には無縁のGW。昨年の夏から売り場ではなく特殊な部署に異動になったので、大学卒業以来、初めてGWにまとまって休みを取りました。後半4日間だけだけど~。

すごい期待してた。すんごく楽しいことばかりじゃないの?季節は清々しい初夏だし、スコ~ンと晴れた青空の下、近くの公園で羊さんと昼ワイン&ピクニック?羊さんの実家へ行く予定になっていたので、そこへ行くまでの間に都内のビストロで美味しいランチ♪・・・そう、期待しすぎてたワケだ。

羊、風邪が治らない。空はどんよりとして、羊さんの実家へ行く前に都内でランチなんてとんでもない状況。結局、お昼はなんにもないので、野菜だけ入れたインスタント味噌ラーメンを作りましたわぁ。来年から、GWには仕事入れてやる!GWなんてツマラナイ。羊なんてモノゲンで洗ってしまえぇ。(?)

ま、どうにか羊さんの実家へは行くことができたので、お久しぶりに羊ママと羊パパと楽しくおしゃべりして、お夕食に「すき焼き」なんてごちそうになって、赤ワイン飲んで、その頃になるとやっと羊さんもどうにか元気が出てきたので、夜からは楽しく、私のご機嫌もなおってまいりました。

翌日は羊さんの実家(葛西なの)からバスに乗ると亀戸へ行けるので、亀戸天神の藤でも見に行きましょう、ということになりました。

バス・・混んでる。(ひえぇ~)亀戸に着いたら着いたで、平均年齢65歳の人ごみが、まさしく亀の歩みのごとくどろり~んとした速度で、どうやら亀戸天神を目指してみなさん移動中。亀戸天神は「藤祭り」真っ最中だったわけですね。

Cimg1955

藤の盛りはもう一週間前頃だったと思います。花が終わってしまった棚がチラホラ。でもそんなことよりこの人ごみはなんだ~!

Cimg1958

こんな感じの密集度!あ、これはその後、羊さんと行った「清澄庭園」のカメね。ここも綺麗な日本庭園なんだけど、人がすごくて・・・。庭園を見るより、池の亀ばかり見ていたのは私達だけではないはず。

Cimg1959

奥にひっそりとシャガの花が群生しているところがあって、そこはきれいでしたね。

ま、結局20うんねんぶりのGWは、最終日に地元に買い物に行ったついでに寄ったお蕎麦屋さんがすごく居心地がよくって、それが一番だったかな。

GWって結局、こんなものなのね。来年はあまり期待しないで、そこそこ楽しく過ごせればイイヤ、くらいの気持ちで臨みましょ。

Cimg1961

青葉台のお蕎麦屋さん「青葉台 更科」。見た目と違って、中は居心地良く、リーズナブル。働くおば様達の丁寧でしゃきしゃきした接客が気持ち良く、おまけに蕎麦屋の昼酒を奨励してくれている店でした。これは午後4時に、突入してまったり昼酒飲まなくちゃ。日本酒は新潟のものが多かったかな・・・。合鴨せいろ、美味しかったです。

GWの収穫・・・昼酒できる蕎麦屋を発見。

苺を買いに

朝、ケーキに使う苺を買いに行きました。八百屋さんよりスーパーより、コンビニより苺農園が近いって、マンションの不動産価値としてはどうなのよ。

菜の花の向こうに見えるのが、イチゴ狩り農園のハウス。既に車が何台か止まって苺狩りしている人の姿がチラホラ見えます。

Cimg1840

この間はこのハウス内で苺が買えたのだけれど、今日は直売場のみで販売だって。直売場までテコテコ歩いて行かねばなりません。でもそれでもスーパーより、八百屋さんより近い。(コンビニには負け)

Cimg1841

歩いて行くったって、こんなチューリップ畑の横の農道をテコテコ歩くわけだから呑気なもんです。ほら、気温が上がってきたから、チューリップがデロロンと開いてしまってるわ。

Cimg1842_2

直売所は農道の脇にある納屋みたいな建物で、苺のほかに野菜や卵(有精卵!)も売ってました。売り場の奥ではお母さんが、まさに取れたての苺を箱詰めに しとります。宅急便で配送を頼んでる先客あり。あとは散歩がてら小さい男の子と若いパパが野菜選びをしてました。

苺の品種は「あきひめ」もあったけれど、私が買ったのは「べにほっぺ」。この間ハウスで買って食べたら美味しかったのよね。

Cimg1843

ね?つやつやで美味しそうでしょ?ためしに食べたら、とても甘かったです。そりゃぁ、新鮮だものね。それからついでにお野菜も物色。

Cimg1844

立派な生しいたけはオリーブオイルで焼いて、真っ赤なミディートマトはザク切りにしてメカジキと一緒に蒸し焼き。ソース代わりにしようと思っています。美味しい苺はケーキに変身してお客様のもとへ、野菜は今夜中に私達のお腹のなかへ消えていくさだめです。

うちの地域に限ってはかなり食料自給率が高そうです。

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30