フォト
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

新年だけにおめで鯛

あけましておめでとうございます。

Cimg3655

実家のマドレーヌちゃんも新年の晴れ着に替わっていました。(母へのクリスマスプレゼントにマドレーヌちゃんのお洋服を選んだのはワタシです。)

大晦日から元旦にかけては羊家で大人の年越しをして、元旦から2日にかけては私の実家へ行くのが恒例です。で、2日の昼に行われる姉達一家との新年会のご馳走つくりに追われるのも毎度のこと。

今年は姉宅の長男が晴れて成人式を迎えるということもあって、そのお祝いをかねての料理にいたしました。

まずは今、流行の「ケーク・サレ」ですね。

Cimg3656

ズキーニ、鶏肉、クルミの取り合わせのを1種と、鶏肉、クルミ、りんごのをもう1種。簡単だし、こういうのはお若い方にはよろしいでしょ?と思って作ったのですが、まあ様はチーズの匂いがダメだって!ワインには本当に合うのに・・・。あ、ポカリスエットじゃダメなわけね?残念でした。他の人はワシワシ食べておりました。

そして、今年のメインは・・・

おめで鯛!ということで鯛の塩釜焼きです!!

Cimg3657

大きい天板いっぱいになりました。塩を2.5kg、卵白4個使用の塩の衣をまとった、堂々たるお姿。オーブンで約50分焼いたら真っ白だった衣はこんがり褐色になってます。

で、20歳になった長男くんが金槌で「ぽんっ!」

Cimg3658

1回では硬くて割れず、何度目かの「ポンッ」で無事に割れました。魚はキライ~なんて言っていた子供達も群がって喰い付く美味しさ。ほんのりしょっぱ甘くしっとりした鯛の身は、発泡ワインによく合います。

でもねぇ、あっという間に食べつくされて、それこそ骨だけになりました。その骨さえしゃぶろうという輩もいて、まるでハイエナに襲われた獲物のようでした。

母の作ってくれたちらし寿司やサラダ、姉がたっぷり作ってきてくれた肉団子なんかも瞬く間に食べつくし、今年も無事ワタシ&羊の正月営業も終了いたしました。

鯛の塩釜焼き、お祝いごとにはイベントとしても楽しめますよ♪オススメです。

さて、今年はどんな年になるのでしょうね。どうか皆様にとっても良い年になりますように。そして今年もよろしくお願いいたします。

しょせん、妻の愛なんて

今朝、しゅうるりーさんのブログにお邪魔したら、愛情あふれるご子息、大豆君のお弁当の写真がのっていました。

リー様がおっしゃっているように、特別豪華なお弁当ではないかもしれませんが、きっちり愛情が詰まってる!母の愛は偉大だわぁ・・・と思った次第。

そしてうちも毎朝、お弁当を作る。自分の分と、羊の分であります。自分の分は自分が食べるのだから自己責任といってしまえばそれでおしまいだけれど、あてがいぶちの羊にとってはどうなんでしょう?

基本、草食動物なので、とにかく野菜を詰めることだけがお約束。

でもそれだけ。

ごめん、それだけなんだ!

所詮、妻の愛なんて・・・。

いつの日か、大豆君、君は遠い目をして思い出すにちがいない。

「母さんのお弁当はもっと愛情にあふれていたよ・・・。」

そうさ、でもそれを妻に求めてはいけないよ、大豆君。

大人っていうのは、そして大人の男の人っていうのは、特にオットという立場を選んでしまった人は・・・とてもとても寂しいものなんだよ。

Cimg3041

お金はないが粉はある

GW始まりましたね。

わーい、わーいとはしゃぐものの、我が家の家計は月末締め。ということは29日の今日はいわば家計費の底。財布はカラッポ。

金はないが粉はある・・・という我が家の状況は毎度のことなので、慣れております。

朝、6時半起床。粉をこね始め、発酵している間にメールのお返事だのたまった事務仕事をこなし、2次発酵後に朝食をとって、9時にはこんなのが出来上がりました。

Cimg3033

さて、この焼きあがったパンを冷ましている間に、近所のコインロッカー畑にパリパリのレタスを買いに行ったのですが、レタスは見当たらず、結局、蕪3個、サヤエンドウ一袋、そしてとれたてのタケノコ1本を300円でゲットしてしまったので、レタスのかわりにサヤエンドウを採用。おまけに、タケノコの下茹でをしなくちゃなりませんでした。

タケノコの面倒をみている間に、いいようにパンが冷めたので切れ目を入れて・・・

Cimg3035

えへへ・・・。私は勝手にサブマリンドッグと名付けたのだけれど、そうは言わないのかな。(追記・・・サブマリンサンドでしたね。)

これをバッグに詰めて、途中で500mlのお安いワインを購入してむかった先は県立四季の森公園です。

Cimg3037

1周ぐるりと散歩して、お腹もすいたところで大きな桜の木の下あたりに腰をおろして食べました。

Cimg3039

すんごいボリュームです。乾杯!(追記・・・これは横から噛り付くのが正解です。いっぺんにふたつの具が楽しめます。バランスをとりながら食べないといけないので、一度手に持ったら食べ進めるしかありません。飲み物はストローで飲むのが良いと思いますが、ワインをストローで飲むことは推奨いたしません。悪酔いしそうです。)

Cimg3040

本日の出費はバス代210円(帰りは1時間かけて散歩して帰った)と安ワイン、一人分450円。

お金持ちにもそうでない人にも、初夏の風は心地よいデス。

会って話すのって大事 Ⅱ

さて、ちーさんとお会いしたその翌日は母のお誕生日祝いをしに姉と3人で濱ボンベイ地区へお出かけしました。

これまたちーさんのブログ記事を参考にさせてもらってのお店選びです。

母は一人暮らしゆえ、先日一人ですき焼きにしたら全然美味しくなかったと言ってたもので。たまにはお外ですき焼きなんていう贅沢も、主婦3人にはうれしいものです。

といっても、母がワシワシとすき焼きだけ食べるとは思えず、荒井屋本店の土日限定昼会席を頂戴いたしました。

まずはお通しがあって(これは写真を撮る前に食べちゃいました。)次にお刺身です。

Cimg2849

Cimg2850

タケノコとお肉の挟み焼きだそうです。タケノコが美味しかった。

Cimg2851

茶碗蒸しはひとさじ食べたところで、母から「写真は?」と言われました。

Cimg2852

春の山菜の天麩羅。サクサクで蕗の薹が苦くてたまりません。

Cimg2853

すき焼きは一人用のお鍋でそれぞれ出てくるのですね。柔らかくてとても美味しかったです。

お料理ももちろん美味しかったのですが、私達の食べ具合の進行状況はどうか、ちゃんと見に来て、私達のタイミングで次のお料理を出してくれるので、食べるのがゆっくりな母やおしゃべりに夢中でついお箸がとまってしまう姉が、次のお料理を持ってこられて急いで食べる、なんていうこともなく自分達のペースでゆったりと食べることが出来ました。

だからけっこうな量があって、私もお腹がいっぱいになってくらいなのに、母が最後のすき焼きまで綺麗に完食することが出来てびっくり。母のお誕生日祝いだったので、それがなにより嬉しかったです。素敵なフランス料理もいいけど、こういうのんびりした会食もいいなぁ。良いお店だとすっかり3人とも気に入りました。老舗のよさでしょうね。

ちょっとここのところ私が忙しくて、ちっとも顔を出せていないのだけれどこの日ばかりは、母と姉と心おきなくおしゃべりできて良かった。二日にわたって私ひとり良い思いをして、かわいそうにその間羊さんは休日出勤でアリマシタ。かわいそ。

会って話すのって大事 Ⅰ

Cimg2848

土曜日は午前中だけレッスンがありました。こうして画像を載せてもパイの場合見事な出来のアップルパイだか、チーズパイだか、ミートパイだかの区別はつきません。これはM山さんがアップルパイに引き続いて、チャレンジしたパイ第2弾のパニッツァ(ゴーダチーズのパイ)です。

焼きたてのパイを抱えてM山さんは濱ボンベイ地区へと帰って行かれました。そう、M山さんも市営地下鉄組の濱ボンベイ地区の生徒さんです。田園都市沿線の濱チベット自治区にあって、うちのケーキ教室だけなぜか南区中区西区のボンベイ地域出身の方が多くいらっしゃるリトルボンベイなのですよ。

そしてこの夜、またしてもボンベイ地区からの客人をあざみ野駅でお迎えいたしました。陽気な西太后ちーさんが、わざわざ焼き菓子倶楽部のお菓子を取りに来てくださったのです。というかお菓子受渡しを口実に一緒にご飯食べようよ~というお誘いを下さっていたわけです。二人とも年末から年始にかけては飲みに行くようなゆとりもなかったので、外で飲むのは久しぶり。お互いの顔合わせで「飲み」といったら昨年の不良中年の会でお蕎麦をたぐって以来です。

あざみ野といったら先日このブログでもご紹介したKARUTAにお連れしなくっちゃ。5時半入店という時間にも関わらず、すでにお店は予約客で満席で、残っていたカウンター席にどうにかもぐりこめました。

まずは生ビールで乾杯して、お互い食べたいものを注文して、さぁ、それからしゃべるしゃべる・・・。普段私はあまりしゃべらないそうなのですが(自分では自覚がない)この日はなんだかいっぱいしゃべりましたよ。

他の仕事(糊口をしのぐ仕事といっていいかな)をやりながら、好きなことを仕事にしている、というお互いの共通点が、自分が抱えている不安とか世間とのズレとかを洗いざらいしゃべっても大丈夫!という気持ちにさせてくれて久しぶりに、思い切り話せました。というか、ちーさんのほうがしゃべりたりなかったのではないかという、一抹の不安が。私、もしや一方的にしゃべってたかも。(汗)

私はちーさんにお願いしていた皮製の手作りバッグのお代を払い、ちーさんは焼き菓子のお代を払ってくれて、そして二人ともその手間賃がこの夜の飲み代で消える、という全くもって職人らしい潔さでありました。

ちなみにお料理の写真はナイです。それはちーさんに任せたから。頼れるところはすっぱり頼ってしまういうのも、職人ならではですのよ。(本当か?)

メールやブログもとても大事なコミュニケーションツールだけれど、ちゃんと顔を合わせてしゃべるって大事なことだよね。そんなふうに思えた夜でした。時間的になかなか難しいのだけれど、籠もっていないでたまには外へ出てちゃんと人と会って話そうと思いました。

ちーさん、会いに来てくれてどうもありがとうございました。

密談場所にいかがでしょうか

本牧マダムが、ご子息の学校がらみのご友人と中華街で二者会談を開催されたとの記事を読み、そういえば・・・ここなんて最適なお店じゃないの!と親切にも密談場所によさそうなお店をこっそりと(ブログで!)お教えしちゃいます。

マダムのご子息が通われる某有名学園にマダムがお出ましになられるときは、ブレーメンでのレッスン時と同じ経路で市営地下鉄であざみ野駅に出られ、そこからバスだと思うのですが、そんな山の手マダムの敵地にありながら敵の(?)目をあざむく場所があるんです。

敵(?)の目はどうしてもバスが発着する側、もしくはもっとオサレな匂いがしそうなたまプラーザ方面に向かうと思われるので、その裏をかきます。あざみ野駅のバスターミナル側とは反対側に出て、江田方面へえっちらと坂をのぼり、そしてよっこらと坂を下っていくとその店はあります。

「KARUTA」・・・酒飲みの舌を満足させてくれるこの店が昨年からランチもはじめたのですよ。で、2月のお誕生日週間に羊さんと食べに行ってきました。(土日祝関係なくランチやってくれてます)

ここに行ったら、ランチであってもやはりお酒ははずせません。グラスワインを頼みました。ちゃんとちゃんとお酒のみの為の店なので、きちんとした大ぶりのワイングラスで出てきます。ここ、大事。

Cimg2804

店内が暗いので画像がボケボケでごめんなさい。おまけに一番おいしくて真ん中にあったクレープにのっけた「コノワタ」を真っ先に食べちゃってから「あ、写真!」と思ったので、肝心のとこが抜けてます。小鉢にすこしずつ美味しい肴がのって出てきます。これがあるから絶対ワインは頼んでね、リー様。

Cimg2805

続いて、またもやボケた画像でごめんなさい。熱々の汁物です。この日は美味しいスイトン入りでした。とおっても美味しいのよ、これが。

そして私はこの日メインを「KARUTA重」に、羊さんは「豚肉と茄子をつかった○○重(名前が思いだせん)」にしてました。

Cimg2806

「KARUTA重」は酒の肴になりそうな具材がいろいろのっかっています。これをつまみながらもう一杯飲めちゃいそうです。

Cimg2807

豚肉と茄子がのった羊さんの頼んだお重のほうは、もっとストレートにガツンと食べられるお重だったようで、羊氏「美味しい、美味しい」とガツガツ食べてました。

そしてデザートも選べます。私はアイスクリームとリンゴのワイン煮を頼んだのですが、羊さんが頼んだプリンが~!

Cimg2808

こんな器に入ってきます。滑らかで美味しい~!!そうだわ、日本料理の美味しいお店は茶碗蒸しで鍛えてるから、プリンは絶対美味しいはずですね。リー様、ここでは絶対プリンを選択してください。(他にもデザート選べますが・・・)

Cimg2810

コーヒーもね、こんな可愛い器で出してくれるの。

さて、この大満足のランチは1500円です。メインのご飯ものはこうしたお重以外にも10食限定の炊き込みご飯があったりします。お店はこじんまりとした規模だけれど、テーブルとテーブルの間にはちゃんと距離があるし、なにしろランチ特有のせわしなさがありません。多分ランチ時に1回転くらいしかしないんじゃないかなぁ。

これは・・・密談向きでしょう!!グラスワインをつけて約、2000円で、じっくり密談(会談)出来ます!敵地にもぐりこませたスパイからの情報収集とかの際に、是非お使いいただきたい店です。

ちなみに横浜市立山ノ内図書館の近くですので、「学校の帰りに図書館に寄っておりましたザマス。」というアリバイも完璧です。

ちなみにこの店の近くにポワロンドールという、昔は「ディフェール」の場所で「金のフライパン」と名乗っていたケーキ屋さんがあります。夫殿へのお土産も買えるってもんです。是非、どうぞ。

雨の日曜日

朝、目が覚めたら雨の日曜日。でも天気予報どおりだから別に慌てない。ちゃんと何して遊ぶか決めていたし、ちゃんと準備だってしてた。

中谷美紀主演で映画が公開されていたことも知らなかったのだけれど、三原光尋というひとの「しあわせのかおり」という小説を読んだ。(ちなみに映画もこの人が脚本、監督もつとめています)小説の筋は読んでいただくとして、出てくる中華料理の数々が美味しそうで、もうやたら小腹のすいてしまう本です。で、この小説の中に包子(パオズ)を、ひたすら作り続けちゃう女の子の話があって、それを読んでから、私も包子(私が作れるのは単なる肉まんデス)を作りたくて作りたくてたまらなかったのです。

雨の降る日曜日は、粉で遊ぶに限ります。

材料は薄力粉250g、強力粉50g、ドライイースト小さじ1、ぬるま湯150cc、サラダ油大匙1杯。これを合わせてこねつけて、ひたすらこねつけます。

Cimg2567_2

表面がつるんとしてきたらOKで、これを40分ほど発酵させてから12等分に切り分けて丸めておきます。

Cimg2568

これをまた15分ほど二次発酵させてから、あんを包みます。今日は豚挽き肉と葱、生姜、タケノコを合わせて、調味料はお酒と塩、醤油、砂糖を少し、そんなもので適当に味付けして練ったものを使いました。

発酵が済んだ生地を麺棒でのばしてあんを包んで、オーブンシートを小さく切った台紙にのせておきます。

Cimg2569

なんか今日はあんのほうが多かったかも・・。皮に対してすごくあんが多いヨ。これを湯気が出ている蒸籠で約15分で蒸しあげます。

Cimg2575

皮から中身が透けて見えちゃうくらい中身充実の肉まんの出来上がりです。もう、ほかほかでふかふかでたまりません。

ほ~ら、カメラのレンズも曇っちゃうくらい!

Cimg2571

昼間っからビールをグビグビ飲んで、美味しく食べました。

雨の日曜日も悪くないです。

ちなみに肉まんを作りながら、1月のレッスン用のチーズケーキも焼いていました。写真撮りをしなくちゃならないのですよ・・。けっこうやることはあるのですけどね、たまには自分が作りたいものを優先させても良いかな?と思って、今日はなにしろ肉まん作りを最優先課題にしておりました。

肉まんとチーズケーキの同時進行は、台所が大変なのであまりオススメは出来ません・・・・。

0901lesson1a

このチーズケーキは少し置かないと美味しくないタイプなので、明日か明後日に断面図の写真をとった後に代官山の珈琲倶楽部への差し入れになりそうです。

で、明日の私のお弁当はやはり肉まんかなぁ?

Cimg2572_3 

 

レッスン&ランチ

ブレーメンの8月のレッスンは教室の工事があるので、前半後半で1回ずつの2回っきりということでお願いしていたのですが、実はブレーメンの工事が延びました。納得した形でリニューアル工事にかかったほうが良いにきまっているので、ここはブレーメンのかおり先生にじっくり腰を据えてもらって、とことん良い教室の形にしてもらいましょう。

だから「8月、レッスン日増やしてもイイのよ?」と優しくかおり先生はおっしゃるのだけれど、頭の先からつま先まですみずみにわたり、夏休み気分が浸透してしまった私は「オーブンが暑いからヤダ」という理由で、当初の予定通りきっちりお休みすることにいたしました。

そんなわけで今日は夏休み前の最後のレッスン。春にレモンパイをやりのがしたN崎さんがレモンパイを、るるさんがトレス・リュスという名前のチーズのお菓子を作りました。

Cimg2241

N崎さんにメレンゲはどんな風に飾っても良い、と言ったらこんな大胆な飾りかたをしてくれました。ここまで思い切りが良いと、、迫力がでます。あっぱれなレモンパイになりました。

Cimg2242

るるさんのトレス・リュスの焼きたての姿です。これは今日、明日食べても美味しくないから月曜日以降、生地が馴染んでからカットして召し上がれ・・・とお伝えしたのですが、るるさんは「え!今日食べられないんですか?明日も?えええ~!」とかなり落胆なさった挙句、「あ、じゃあ今日はデフェールでケーキ買って帰ろ!」と、あっさり立ち直っていました。どんなケーキを買って帰ったのかしら?

さて、このレッスンが終わってこれでもう本当に夏休み♪レッスンが終わってから私がしけこむ食事処はいつもだいたい決まっているのだけれど、今日は新規開拓。先日YANOさんからたまプラでも美味しいベトナム料理が食べられるようになったよ、と教わったお店、Chao Namでフォーを食べてきました。

Cimg2244

生春巻きとデザートがついてセットで1380円。今日は土曜日だったからちょっと高めのウィークエンドランチセットでした。あとなにやらまわりでも美味しそうなランチをいろいろ食べてる人がいて、お店は満員御礼状態。サービスをしてくれるのは優しいベトナム娘さんとベトナム姐さん、あとベトナム兄さんまで厨房から借り出される盛況ぶり。丁寧に作ってくれるせいか、せっかちな日本人には、料理と料理の間がぎりぎり許せるかどうかというくらいあいてしまいます。でもさ、夏休みまで、そんなカリカリしたってはじまんないよねぇ~という夏休みモードの私にはへっちゃらでございました。

味はきっととっても美味しいのだと思う。私は美味しいと思います。でも私、あんまりエスニックを食べなれていないので、他店と比較しようがないのよね。量はたっぷりで、夏バテ気味の私にはあきらかに多かった。さっぱりしてスルスルと食べられるのだけれど、かなりお腹いっぱいになってしまいました。デザートは自分が何を注文したかも覚えていない(認識できなかった)ので、なんだか随分素朴な味わいのものですねぇという感想しかないです。

たまプラーザにおいでになる機会がありましたら、是非一度どなたか召し上がって、感想などお聞かせ願えませんでしょうか?土曜日だったせいかお店がとっても混んでいたので、私としてはレッスンの間のランチは貸し切り状態に近いほど空いているシンパティカのほうが、なんか和めるかなぁ~と思っております。

病をおして

おかげ様で今回の帯状疱疹の再発は、ほぼ峠を越し、「顔、痒いじゃん」という程度まで収束してきております。ただ、やはり少しは自重しておかないと過保護な羊達が目を光らせているので、昨日、今日と2日間は完全OFF。熱があるわけでも体がだるいわけでもないのと、薬も眠くなるような成分は含まれていないので、風邪の時のようにそうそう眠っていられません。退屈だにゃ~。

帯状疱疹の再発はネットで調べると、100~200人に一人の割合、とか書かれているのだけれど、実際はもうちょっと多いんじゃないのかな?私の場合、水疱瘡にかかった覚えがないのに昨年帯状疱疹になったのは、水疱瘡の発症は免れたけれどウィルス感染はしてたってことで、つまり充分な免疫が出来ていなかったので帯状疱疹の症状が重く出た可能性がありますね・・。

ま、しかしどんなに理屈を並べても、なっちゃったもんは仕方がないので美味しいもん食べてダラダラしてます。リラックマの毛並みを指で逆立てて、自分の顔と同じところにボツボツを作って「ほら~気持ち悪い?」と羊に見せて嫌がられたりしてます。ヒマだぁ~。

日曜日はもっと状況が悪かったのですが、でも買い物がてら散歩に出ました。病をおして出かけた先は

Cimg2106

私の大好きなパン屋さん、藤が丘にあるパンドコナ。藤が丘の駅からまっすぐみたけ台方面に欅並木を歩いて10分程。左手のマンションの1階にあります。店内はこんなかんじ。

Cimg2105

Cimg2104

ハード系のパンがとても美味しいのだけれど、そのほかの普通の食パンも、クリームパンとかロールパンなんかの柔らかいパンもレベルが高い味わいです。

Cimg2107

この日の昼食用に買ったのはまず、これ。手前がドライイチジクと胡桃が入ったハードなパン。左奥のつるんとしたのが茄子とトマト。中に茄子とトマトをオリーブオイルで炒めた具が入っています。これがイタリアーンな味わいですんごく美味しかったです。右奥はお茶の時間に二人で分けて食べたパン・ド・ショコラ。この店はデニッシュ生地もすごく上手いです。いつも買わずにはいられないパンです。

Cimg2111    

感動した茄子とトマトの断面図。見た目はつるんとしたなんの変哲もないパンだけれど、ここに行ったら是非お求め下さい。旨いぞ~!

Cimg2110

あと、テーブルパン用にカンパーニュ(だと思う)のハーフサイズを購入しました。これも噛みごたえがあって美味しかったなぁ。これらを持ってレジに行きお会計を待つと、カウンターにパンの耳4枚が一袋になって置いてある。これは20円で、ユニセフへの寄付になるということで、募金箱にお金を入れるシステムです。以前、ここでクルトンを買ったら、バカにできない美味しさだったのを思い出し、このパンの耳も購入。翌日、クルトン状に細かく切ってオーブンで乾燥焼きにしたら、それだけでもビールのツマミになっちゃう、美味しいクルトンができました。パンが美味しければパンの耳だって当然旨い!万歳!

午後からはちゃんと布団で寝るから・・といいつつ散歩を敢行。

Cimg2098

Cimg2099

Cimg2100

美味しいパンと今が盛りの紫陽花を堪能した一日となりました。

復活!

金曜日、仕事をしていてふと額に手をあてたら、なんだかポチっと吹き出物のようなものが出来ていた。あれ?なんだか痛いなぁ、とその時は思っただけだったのだけれど、家に帰る頃には右のほっぺたのほうにも出来ていて、とにかく急いで家に帰って顔を洗いたくてたまらなかった。顔を洗ってからいつもどおりに化粧水をつけようとしたのだけれど、どうしても化学物質を含むであろうその水をつける気にはなれず、とりあえずオリーブオイルだけ顔につけた。

夜、母に電話をして、母が昔から自宅で漬けていたアロエの化粧水を今度頂戴ねとお願いした。ちーさんのブログにも、「ちーさんが普段つかっている化粧水って何?」と書き込んだ。

色白でもなんでもないけど、肌はわりと手入れをしない割には丈夫で、トラブルはなかっただけに、ひとたび調子が悪くなるとすごく気になる。

土曜日、ご注文品を作り終えて、やれやれと思って顔を見ると、さらにポツンと右がわの目じりに出来ている。右の顔全体がイタ痒い・・というより痛い。でも左側は元気だ。この感じ、なんか思い当たるなぁ・・・。右側だけなんだよね、それにこのポチポチ、なんかつながってる気がするなぁ。

そう、昨年の春罹患して、七転八倒した「帯状疱疹」とすごく似ている。でもアレって二度罹るものなの?そうでないことを祈りつつ病院にむかうと、クールな女医さんに「二度かかる人もまれにいますよ。これ、帯状疱疹ですから」と言われてしまった!

そんなわけで復活!!帯状疱疹のウィルスが・・・

クールな女医さんが続けて「最近右肩が凝ったりしてませんでしたか?」と聞くので、「あ、多分40肩だと思うんですけど、肩が痛いです。」と告げたらあっさり「それ、帯状疱疹の前兆です」とご神託を下すように言われてしまった。嘘でしょ?肩は肩でしょ???

そんなわけで薬を飲んでいる。安静にすることと、冷やさないこと。でも顔を冷やさないって?ストッキングでもかぶるのか???帯状疱疹の薬を飲み始めたら、確かに、肩の痛みが引いている・・・本当なの?

「2度罹るなんて、かなり抵抗力が落ちているっていうことですよ、気をつけてください。」って言われてしまった。でも自覚症状ないのよね。毎日楽しいし、職場でのストレスはほとんどないし。私の体のどこかにわかりやすいメーターとか付いていないかなぁ。一目で電池切れが近いってわかるヤツ。

自分ではいかんともしがたいので、美味しいものでも作って食べるかと思い立ち、病院帰りに鰹のサクを買って帰った。

akikoさんのブログを見て、そういえば最近作っていなかったのよねぇ~と思い出し、作りたかった鰹の手捏ね寿司。

Cimg2096

顔は(右側限定)痛いが寿司は旨い!

これからは過保護な羊の監視下に置かれる・・・。きっとこれを読んだ実家のもうひとりの羊(母も過保護な未年)からも「なにをやっているの!」と叱責をうけるにちがいない。あーあ。

ただし、昨年よりはるかに軽症であることは間違いないです。ご心配にはあたりませんので。あとは私自身の復活あるのみ!

Cimg2092

あ~あ、昨年も病気明けにヘロヘロしながら見た風景だ。今年もまた、タチアオイが綺麗に咲きました・・・。

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30