フォト
無料ブログはココログ

スウィーツ

苺のムース ゴージャス版

急に春めく一日になりそうですね。

ゴージャスな苺のムースです。

苺、2パック使用なのでずしりと重い・・・。

これから配送に出してきますね~。

2016haruko1c

3月いろいろ

今日は夜のみレッスンなので昼間は暇人してました。

午前中は掃除をしまくって、そのあとご近所の桜見物に・・・。

良い天気なれど、風が強いのでお外ごはんは断念して、家に帰ってから窓を開けて遠くに見えるよそ様の桜を愛でつつ花見弁当(自作)を食べてました。

今日の桜は晴れ晴れとする良い桜でした。

今年に入ってから友人がお母様を亡くしたり、他の友人が病を得たり、と薄靄がかかるようなそんな日々でしたが、それでも色々と作ってはおりました。

清見オレンジを使ったビクトリア

150319bc

バースデーケーキとしてお作りしたのですが、ご本人から断面図写真を頂戴しました。

150319ec

レッスンではとんまな4月の魚「ポワソン・ダブリル」を作っていただいたり

150328ac


地味ながら美味しい焼き菓子、コンヴェルサシオンのレッスンも。

150321a


そして、5月のレッスン課題の写真撮りとして珍しいお米のタルト(フラン・オ・リィー)も作ってみましたヨ。

Riz3c

お米をミルクで煮たものがたんまり入ってます。よって腹持ちが半端なく良いです。

自分が受講するレッスンでは登戸で、今年自分の誕生日に先生からいただいた「エヴァンターユ」を教えていただきました。

エヴァンターユ

Eventail1c


Eventail4c


桜が終わると、あっという間に初夏になってお菓子つくりも気温との戦いになるけれど、せっかく四季のある国に住んでいるのでその季節季節を楽しみながら、制作もレッスンもやっていきたいと思います。

さて、そろそろレッスンに出かけなくっちゃ。

たまプラーザの桜並木も満開なので、レッスンの帰りに夜桜も楽しんできます。






バレンタインにフォンダンショコラ

バレンタイン、近づいてきましたね。

私は昨日、羊父のところに行ったので、その時にこの後1週間くらいおやつに楽しめる小さいチョコレートたちをもっていきました。

高級なチョコレートを何粒かより羊家には少しずつ何日かにわけて食べられるもののほうが良いようなので。

さて、それで今年のバレンタインは終了。あとは何事もなかったかのようにスルーして過ごそうと思っていたのですが、思わぬところからバレンタイン要請が入り、今年もフォンダンショコラを焼くことになりました。

そんなわけでもしもバレンタインイブの13日(金)か、バレンタイン当日14日(土)にフォンダンショコラをお召し上がりになりたい方がいらっしゃいましたら、お申し出ください。

予定数終了いたしました。ありがとうございます。

フォンダンショコラ

140406cc


140406ac

上に桜はのせません。

多分、ハートのクッキーをのせるかなにかして、バレンタインらしいデザインになるかと思います。また、今回はチェリーは入らず、プレーンなフォンダンショコラになります。

直径15cmの小型ながらチョコレートがたっぷり使われた濃厚な美味しさです。このバター不足の折、必死にかき集めたほんまもののバター使用!

お値段は直径15cmで2400円になります。常温配送なので、ゆうパック(送料は神奈川県510円、それ以外の関東圏610円)でお届けします。

限定6名様で考えていますので(なにせ、バターがない!)、お入用の方はメールまたはこの記事のコメント欄(非表示にします)でご希望日と配達ご希望時間をご連絡ください。

焼き菓子倶楽部の第一弾は、3月14日のヌッストルテの日を考えております。こちらはもう少し落ち着いてから改めて個別にもご案内いたします。

って、わけでバレンタインデーは避けて通れなかったデス。

参考までに昨年のバレンタインデーはこんなの↓を作ってました。

140214bc

フォンダンショコラにも是非、この濃厚なクチビルをつけてほしい、というご趣味のかたは言ってください。作りますから。

でもそれでご主人に呆れられてもしらないよ~。

春色エクレア

昨年あたりから、エクレアが注目されています。知ってました?

おフランスのクリストフ・アダンさんというフォションのシェフ・パティシエをしていた人が出したエクレア専門店から火がついた、新しいタイプのエクレアをデザイン・エクレアというらしいです。

「デザイン・エクレア」で画像検索するとうわぁ~っというくらい、色とりどりのエクレアが出てきます。これはそのうち日本のいたるところで目にするようになるにちがいない、と踏んでおります。ケイタイからスマホにいたるまで、デコらずにはいられない日本人、エクレアもデコっていいものだという認識が広まれば必ずや日本全国津々浦々のケーキ屋でこのデザイン・エクレアが売られる日がやってきます。予言しましょう!

アイシングクッキーにはあんなに抵抗感があったアタクシですが、このデザイン・エクレアに関してはあんまり抵抗感がありません。いいんじゃない?って思っています。

なんでかっていうと、たぶんお菓子(食べ物)の範疇をはみ出していないからじゃないかと思います。デコり方が味に反映されてるからだと思います。

そしてなによりもともとエクレアって美味しくてちょっと粋なお菓子で好きなんですよね。

そんなわけで、デザイン・エクレアとまでいきませんが、ちょっと可愛くアレンジしたエクレアをレッスンで取り上げようかな、と思いつきました。

春のレッスンなので春色のエクレアの試作です。

ま、4月といえばベタな桜のエクレア。

桜エクレア

Sakura3c

上は苺風味のチョコレートで、クリームは桜の塩漬けのフリーズドライを加えたカスタードクリーム。ほんのり桜の香りと塩味がします。

レモン&チーズクリームのエクレア

Haruiro2c


Haruiro4c

こちらのほうが本命。

レモン果汁を加えたフォンダンを表面に塗ったレモンのエクレア。

クリームは煮上げた熱いレモンクリームにクリームチーズとバターを加えたものと、通常のカスタードクリームとホイップした生クリーム、それら3種のクリームを合わせたものです。

ひんやり冷やすとレモンの酸味が爽やかで、これはとてもおいしいエクレアになりました。

季節がら、白椿なんぞを飾っちゃったけど、まぁ、レモンの砂糖漬けでも飾ればいいのかな。

こうして考えると私でもいくらでもバリエーションができそうだから、これからいろいろな種類のエクレアに出会うことになりそうです。

しばらく、エクレアを作り続けそう・・・。

鏡開き

自宅にいた頃は、ちゃんと毎年お正月が明けると鏡開きと称して母が小豆を煮て作ったお汁粉を食べてました。

今でも実家ではお汁粉を作って食べているはず。その時期にに立ち寄れる年はお相伴に預かります。でも自分では、羊があんこキライということで、作らず。ましてや代官山にお汁粉が食べられる甘味屋なんてなく、なんとなく疎遠になってしまった鏡開き・・・。

それが今年はカステラ初めの日に登戸へ行ったら、教室にはコトコトと小豆を炊く良いにおいが漂ってました。

和菓子クラスもある教室なので、ああ、先生があんこを作るのかなぁ?程度に思っていたら、なんと、その小豆はお汁粉用のもの。

教室に飾ってあった鏡餅をオーブンで焼いて、ちゃんとちゃんとの鏡開き!

先生が煮てくださった小豆は、上品で絶妙な甘さ。(だってプロ中のプロだもん。)

ああ、今年は一年無病息災にちがいない!

ご馳走様でした。お汁粉っておいしいですよね。

さて、寒さ厳しい代官山の事務所にも神棚にたしか真空パックの鏡餅がのっているはず。代官山でお汁粉・・・・いいかもしれない。

親方の指示書

2014年のクリスマス営業も無事に終了。

今年は暦の関係で23日に集中してしまっていたので、21,22日に地獄を見て後半は煉獄程度でありました。

短期間に何種類ものケーキを作る場合、当日に考えながら作っていたのでは到底間に合わないので、1週間前くらいに作業前日から終了日までの自分への指示書を作っておきます。

作業の工程表と買い物リストと配送手配書を合わせたようなヤツです。まぁ、所詮事前に作る机上の空論なわけですが、それがないとにっちもさっちもいかない・・・と思います。

作業開始の日からは頭は空っぽにして指示書のとおりにひたすら作業にいそしむわけですが、コレ、段々管理職と現場のせめぎあいみたいな様相になります。

「現場を知らない奴が偉そうに、指図しやがって。こんなの間に合うわけないだろう。」

「え?出来なかったら残業してでもやれ?ふざけるな。」とか・・・現場の労働者は思うわけです。

特に今年の親方(数日前の自分)からの指示書はきつかった。現場にとっては鬼の親方でした。まぁ、無事に終わってしまえば親方も現場も(どちらも自分だけど)酒飲んで打ち上げして後腐れはない(そりゃぁ、どちらも自分だからサ)のですが、作業員は年々年を取っていくんだからそれに見合った優しい指示書を来年からは心がけようね、と親方には一言言っておきます。

というわけで、こんなのをそれぞれ何台かずつ作っておりました。

20141224ac


20141224ec


1412233


1412232


201412hikari

そして残った材料で作った自分たち用のクリスマスケーキが↓

20141224fc

でもね、親方も作業員もラムチョップを食べて、ワイン飲んだらもうそれで十分で、ケーキまではたどり着けず、疲れて早々に寝ちゃいました。

さて、今日からカタギの職場に復帰です。

や~れやれ。

今シーズン最後のアップルパイ

冷蔵庫いっぱいだった紅玉りんごもこれでおしまいです。

ラストはやっぱりアップルパイ。

某所にてお手渡しとなりました。

業務連絡として・・・

焼く前はこんな感じで、今年もりんごをテンコ盛りです。

P1040137


焼き上がりはコチラ↓

P1040139


今日はなんだか気温が高めだけれど、こうして冷蔵庫のリンゴが無くなると、秋が深まっていく気がします。

銀杏の葉もだいぶ色づいてきましたね~。

さあ、今夜はこのりんごを煮たシロップでさつまいもの蜜煮を作ろうっと。

毎度、この紅玉りんごのお菓子を楽しみにしてくださっている皆様、また来年もよろしくね。

りんごの美味しさがストレートに

木村リンゴ園さんから追加でさらに頼んだのに、冷蔵庫の中の紅玉りんごは今週末のご依頼品で終了してしまいます。

羊のアップルパイ用に残したりんごも数を減らして、円形ではなくフランス式のアップルパイに変更せねばなりますまい。

あんなにあったのになぁ・・・・。

まだリンゴが潤沢にあると思い込んでいた日に自分の練習用に作りました。

アプフェルシュトルゥデルです。

141023


下に敷いた布の柄が透けるくらい薄く延ばしたところに、生のりんごをいちょう切りにしたものとレーズンとケーキクラムなんかを合わせたフィリングを置いて、ゴロンゴロンと巻いていきます。

この生地をのばす作業がメンドクサクて面白いです。

自分撮りは絶対できない生地をのばす作業はこんな感じ。レッスン時に生徒さんがやるのをとらしてもらいました。

141027


最初はこんなふうに手をぐーにして手の甲で伸ばしていきます。

巻き終わってから二つに分けて端を処理すると↓のようになりますが・・・。

141023b

通常この姿をモスラと言っておりますが、姉とか一部わかるひとは「ああ、ラザロね」と言ってます。(イエス様ごめんなさい。)

141023c

表面にバターをたっぷり塗って焼き上げると、こんな感じ。

外側の薄い生地はパリパリハラハラで中身は生だったリンゴがすっかり柔らかくなってトロトロになっています。この状態で食べるととても美味しいのですが、とても切り分けずらいです。

↓は一晩おいて冷めた状態のものです。このままでも美味しいですが、もう一回温めなおして食べたほうがより美味しいかも。

P1040106

りんごのお菓子はどれもリンゴ自体が美味しくないとダメなんだけれど、このアプフェルシュトルゥデルは特にりんごの味がストレートに出るので、実の固いしっかりしたすっぱいりんごでないとね。

そんなわけで、今年も木村リンゴ園さんのりんご、堪能させてもらいました。

今年はお楽しみとして11月下旬に「あおり25」もお願いしているので、もう一回りんごのお菓子を楽しめます♪

可愛い子ちゃんずⅢ

カタギの職場のYUKA姐さんセレクトの可愛い子ちゃんずシリーズの第三弾!

P1040108

うへへへ・・かわいいでしょ?

名古屋にある浪越軒さんの水族館シリーズです。

説明するまでもなく、左がシロクマ、右がアザラシね。

で、この水族館シリーズは全12種類。

20141022154643_deco


どれがなんだかわかるかなぁ?

職場でちょっと、いや、かなり癒されました。

YUKA姐さん、いつもありがとうございます。

東坡肉(トウロンポウ)もしくは

お久しぶりにレッスンにいらしたベテラン午後のSさんに、先行で12月のクリスマスレッスンの課題にしようと思っているケーキを作ってもらいました。

出来上がってカットした姿に私が思い浮かべたのは・・・。

ほら、あの故宮博物館展のときに話題になった・・・アレ。

肉形石を思い浮かべてしまったのだわ。

ガトー・オペラ

P1040088

正式にいえばガトーオペラではないのですが、まあ、便宜上ガトーオペラと言ってしまってます。

全部で9層。

スポンジはコーヒーのとショコラ生地の二種類を交互に重ねています。クリーム類はコーヒークリームとチョコレートがナッシュとホイップクリームとコーティングチョコレートの4種。これらをブランデーを利かせたシロップとともにひたすら重ねていくわけです。

ま、重ねるのはそんなに難しくはないです。

カットするのが大変。

今回は正方形に近い形でカットしましたが、そうするとトウロンポウ感が増すので、レッスン時は細長い形にカットしてもらおうかと思います。

細長くカットすればカットしたで「千波地層切断面」みたいなんだけどね。お味は当然ながら洋酒が利いて大人の味ですこぶる美味い!

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30