フォト
無料ブログはココログ

お知らせ

ご無沙汰でございます

結婚以来ず~っと住み続けた田園都市線沿線から、母が住んでいた鶴見のマンションへ4月末に引っ越しました。

鶴見ってけっこう起伏が激しくて、私が住んでいるのは坂の上。毎朝、急峻な崖にとってつけたようないびつな階段をタッタカ降りて駅へむかいます。

カタギの職場へは恵比寿から歩きなんだけれど、こちらは坂を上ってお山(代官山)にたどり着くわけで、毎日登ったり下りたりと足腰が鍛えられる通勤ルートとなりました。

以前の住処は私達に似合いの狭さで、ちょうどよかったのですが、今度は無駄に広い空間で、(一軒家に比べれば全然狭いと思うのですが)毎朝の掃除に時間がかかります。そんなこんなで、PCに向かう時間がなかなかとれなくなり、こうしてブログもすっかりお休みしていたわけでした。

引っ越しが済んで約1か月、どうにか収まるものは収まり、通勤にも慣れ、そうしたらだんだんと諸々の疲れが出てきた気がします。

見かねた羊が半ば強引に「ここらで一息いれよう!」と言い出して一泊ですが温泉に行くことにしました。張り切りすぎて入れっぱなしになっていたスウィッチが切れると良いのですが。

さて、引っ越しに伴い、長らく自力で細々と作っていたHPもプロの手を借りてリニューアルさせました。ほぼ、完成しましたのでお知らせです。今度はちゃんとスマホでも見られるようにスマホ対応になっています。

こちらをよろしくお願いいたします。→ キッチン山田のHP

引っ越し準備でしばらくお休みしていた登戸の先生のところへも再び通い始めて、今日は3か月ぶりくらいでかすてらを焼いてきました。分量とかちゃんと覚えていて良かった~。

だんだんと日常が戻ってきたようなので、これからはこちらのブログも時々書こうと思っています。よろしくね。

画像は週末のレッスンで生徒さんに作っていただいたブルーベリーのタルトです。国産のブルーベリーはこれからが旬ですよね。

1606ohata1a


1606ohata1b




焼き菓子倶楽部ご案内

今朝、焼き菓子倶楽部の会員の皆様にメールで先にご案内した焼き菓子倶楽部秋の部ですが、画像と説明文をブログにアップしようとしたらパソコン不調でネットに繋がらず。
後ほど某所よりアップいたします。
そして本日休みの羊がとりあえず予備用としてノートパソコンを買いにいく模様。
それからオンボロのパソコンは入院することになると思います。
ああ、お金がまた飛んでいく。

オープンレッスンのお誘い

8月はブレーメンの講座はすべてオープンレッスンとして公開されます。

私が担当するスイーツクラスもまた然り。
表玄関のほうのブログにはちょっと前にUPしたのですが、こちらではまだでした。
今年は「ドイツ菓子講座初級」と称してご自宅でも割と簡単に作れる、でも味は本格的なドイツ菓子を選びました。
課題① アプフェルシュトロイゼルクーヘン
Apfel3c
発酵生地の上にりんごのコンポートを敷き詰めて、そのうえにシュトロイゼルというソボロ状の生地をのせて焼き上げます。
こんな↓ふうに天板いっぱいに焼き上げる、ドイツのおっかさんのケーキです。
Apfel2c

 

まぁ、そんな素朴なお菓子なんだけれど、秋になって美味しいリンゴが手に入ったら是非つくってもらいたい、家庭でないとたべられないお菓子なんだわ。

 

課題②はちょっと贅沢
ザッハトルテの生地を焼いてからそれをわざわざクラムにしてご用意しておくので、それを混ぜて本格的なリンツァートルテを作ってほしい。
リンツァートルテ

Linz3c

そして、それだけでは終わらない!もう一課題

シュプリッツゲベックショコラーテという絞り出しのチョコレートクッキーも同時進行で作っていただきます。

シュプリッツゲベックショコラーテ

140422ac

単なる絞り出しのクッキーでしょう?と侮らないでほしい。ローマジパンにバターをまぜあわせていく、このアーモンド高騰の折、贅沢なクッキーなんだ。

まあ、この課題はおまけ程度にしか作らないとおもうけれど。(なにせ今、アーモンド関係の値上がりはすごくてローマジパンなんて夏までにまた値段が上がるんじゃなかろうか?)

なににつけてもオープンレッスンだから、お祭りみたいなもんだし、楽しく夏の一日を過ごしてください。

レッスン日時は下記の通りです。(×は満席 △はあと一人 ○は2人OKです)

8月2日(土) アプフェルシュトロイゼルクーヘン(材料費込4300円)

  1. 午前10時~12時半・・・○(7/11加筆ごめんなさい、勘違いしてました午前に空きあり)
  2. 午後2時~4時半・・・×

8月22日(金) アプフェルシュトロイゼルクーヘン(材料費込4300円)

  1. 午前10時~12時半・・・○
  2. 午後2時~4時半・・・○
  3. 午後4時半~7時・・・○

8月23日(土) リンツァートルテ&シュプリッツァゲベックショコラーテ(材料費込4600円)

  1. 午前10時~12時半・・・△
  2. 午後2時~4時半・・・△
  3. 午後4時半~7時・・・○

8月27日(水) リンツァートルテ&シュプリッツゲベックショコラーテ(材料費込4600円)

  1. 午前10時~12時半・・・○
  2. 午後2時~4時半・・・○

ご予約はブレーメンのほうまでお願いいたします。オープンレッスンに関してはレッスン料(材料費を含む)は事前振込になりますのでご了承ください。

お中元用かすてら

昨日、職場で「今日、何曜日だっけ?」とつぶやいたらYUKA姐さんに思いっ切り笑われました。週のはじめにそんなことつぶやいていちゃ駄目だわね。

さて、今日は火曜日で、そして一年の後半戦突入の7月1日であります。
明日は登戸で年2回の大型かすてらを焼く日なのですが、私がお使い物にする以外に3斤余りがでます。
もしお入り用でしたらお声をおかけください。
ここのコメント欄にメールアドレスを記入していただければ、夜にでもご連絡いたします。
21時をもって締切とさせていただきます。
お申込みいただきました方、ありがとうございます。
お申込みの方にはメールを差し上げましたので、ご確認くださいませ。
130914bc

バースデーケーキのカタログとローファットケーキの頁

塩漬けの拙HPを3月終わりくらいから、スローペースながら大幅リニューアル工事中です。

工事完成したページはバースデーケーキのカタログと、昨日、ローファットケーキに関連する頁を終えました。

バースデーケーキのカタログは、写真をあたらしいものに差し替えたので、見やすくなったかと思います。

ローファットケーキ関連の頁は、普通にお菓子が食べられる方にはあまり関係ないと思うのですが、待っている方もいらっしゃるかと思い、優先的に作業を進めました。消費税UPにともなう教室の頁の書き換えから始めたリニューアル作業。やりはじめるとココもアソコもと際限がありません。

長時間のPC仕事は目にはつらいお年頃、ぼちぼち進めていこうと思っています。

良かったら、「キッチン山田のHP」も覗いてみてね。

次に手を付けるのは「ロールケーキ」の頁です。

↓こんなんとかね。

Zitrone_rollen4c_4

Zitronen_roulade2c

ロールケーキの分類を「一重(シングル)」と「二重(ダブル)」にしようと思っているんだけど、それってなにげにトイレットペーパーの分類と同じだなぁ・・・。

ちなみに↑はシングル↓が二重(ダブル)です。

Zweimassen1_2

夏休み 私もパソコンも

明日から夏休みをいただきます。

行先は新潟~♪

今回で3回目かな?街中はだいぶ把握しているのでさらにあちこち美味しいものを目指してさまよってきます。

そしてついにうちのPCがいかれたかも。

朝から立ち上がりません。

夏休みから帰ってからなんとかします・・・・。(泣)

連絡がある方はレッスンならブレーメンのほうにお願いいたします。

あとは・・・このコメント欄に入れておいてくださいな。

リンツァートルテ 無事出荷

明日、5/10から5/12までの期間限定スイーツとしてカフェ・ハンズさんで供されるリンツァートルテを昨日無事出荷。

梱包する段ボール箱をどうにか80㎝サイズに収めるため細工していたら指を段ボールで切りました。

ケーキは無事出荷できたが、アタシは無事では済まなかったというオチがついた・・・。

そのかわりヤマトの集配所でおねえさん達に「上手に箱をたためたわね~。」と感心され褒められました。えっへん♪

ハンズのマスター、そんなわけで届いたら段ボール箱も鑑賞してください。

Linz3c


↑が実物ですが、カットしての納品です。

真ん中まで無花果を詰めた関係で、カットすると先端が欠けてるものがありますが、そこはすいません、美味しい餡がたっぷり、ということでご勘弁ください。

Linz2c


スパイスと無花果とラズベリージャムがアクセントになって、コーヒーに合うかと思います。ただ、見た目が地味だし、「リンツァートルテ」はチーズケーキやショートケーキといったもののように名前でそのものがぴんと来る方のほうが少ない気がします。

それだけにハンズのマスターが考えていらっしゃるより、苦戦するんじゃないかなと危惧しています。杞憂に終わればいいんだけどね。

ま、送り出したわが子が頑張って皆さんのお目に留まれば幸いです。

山さんのリンツァートルテ

リンツァートルテを焼くこと自体は、難しくはない。いわゆるバターケーキ生地だからね。

ただ、山さんのリンツァートルテは、こだわりがある分ひと手間かかる。

ザッハトルテの土台となるザッハーマッセは、ココアではなくチョコレートを溶かして生地に加えて作る。↓は卵黄と砂糖をすり混ぜたところへ、溶かしたチョコレートを加えまぜたところ。

P1030012

ここに別に立てたメレンゲを加え、粉を入れて焼き上げます。ベーキングパウダーは使わず、卵白の気泡だけで膨らませる生地です。

で、これ↓がザッハーマッセ

P1030013

表面をカットしてアプリコットジャムをサンド&ナッペしてからザッハーグラズールと呼ばれるチョコレートの糖衣をかければ、れっきとしたSachertorteになります。

が・・・・。これを

P1030014

手でちぎってひとまず乾燥させてから、フードプロセッサーで粉砕

↓ひき肉のそぼろじゃいないよ。

P1030017

ザッハーマッセのクラムを作っておきます。

そして、山さんのリンツァートルテには無花果も入るので、

ドライフィグを赤ワインで煮ておきます。

P1030015_2

煮あがりはたっぷりワインが浸みてドライフィグも柔らかくなってます。

P1030016_2


ここまで準備しておけば大丈夫。

山さんのリンツァートルテは生地に↑のザッハーマッセのクラムとアーモンド粉、ローストしたクルミを加え、シナモン、クローブ、キャラウェイ、オールスパイス、アニスシードなどのスパイスも効かせます。

その生地の上に甘酸っぱいラズベリージャムを塗り、ワイン煮のドライフィグを並べ、残りの生地を格子状に絞り、スライスアーモンドをのせて焼き上げます。

↓は今週末私用で使うためにまず試作したリンツァートルテです。しっかり寝かせて味をなじませることも大事です。時も味わいを大きく作用する大事な要素。

山さんのリンツァートルテ

Linz1c

5月10日からの横浜根岸のカフェ・ハンズさんの開店5周年記念の特別ケーキとして、お出しするリンツァートルテは、こんなふうにして焼き上げております。

ちょっとお値段高めかもしれないけど、まぁ、一年に一度だけの出品だからご容赦ください。

ハンズのマスターが淹れる美味しいコーヒーを引き立てるお茶菓子としてお役に立てれば幸いです。

あ、断面図は週末、友達の家で食べるときに写真に撮って改めてUPします。

このお菓子お目当てだとしたら、予約もできるそうですよ~。

詳細はカフェ・ハンズさんまでヨロシク!

りんご届きました!

待ち焦がれていた青森からの紅玉りんご、無事に届いています。

今日のレッスンでまず使用しました。

そんなわけで、毎週タルト・タタンが食べたいと言っていた、そこのアナタ!

日曜日にはお届けできますが、お届け先は日本海側?それとも太平洋側?どっち?

緊急連絡!

先日から挙動不審だった家のパソコンが故障しました。レッスンに関してはブレーメンにご連絡をお願いいたします。焼き菓子倶楽部やその他の件はこのコメント欄に連絡を乞う、としてメールアドレスを入れて下さい。表にアドレスは表示されないので大丈夫です。こちらからメールいたしますです。
それにしても、えらいこっちゃ。ま、パソコンが使えないとなるとのんびり過ごせるけどね。

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30